新生フットサル日本代表、強豪ウズベクと3−3ドロー

新生フットサル日本代表、強豪ウズベクと3−3ドロー

2016.4.25 ・ 日本代表

シェアする

24日、愛知・ウィングアリーナ刈谷で行われた親善試合・フットサル日本代表vsウズベキスタン代表の一戦は、実力が拮抗したチーム同士によって緊迫した内容の試合となり、どちらも譲らず3−3の引き分けに終わった。


日本のスタメンFPは一戦目と同様、星龍太、中村友亮、仁部屋和弘、芝野創太の4名だったが、GKは1月に日本に帰化したばかりのピレス・イゴールを起用。前半は最後列からのフィードがチャンスとなり、やや押し気味に進める。前半11分にはイゴールからのロングスローを安藤良平がダイレクトで狙うが、惜しくもポストに嫌われた。日本は得点を予感させるプレーが続いたが、先制点はウズベキスタンに奪われてしまう。前半12分、4人のFPが全員高いポジションを取っていた日本の裏を狙われた。スビリドフが自陣ゴール前から出したパスはやや短く、仁部屋が難なく処理をするかと思われたが、目測を誤ったのかラフマトフにボールが渡ってしまい、そのままゴールを決められてしまった。日本も前半のうちに同点にするべく、何度かチャンスを作るが決めきれず、そのままハーフタイムを迎えた。


後半も同じように一進一退の攻防が続くが、今度はウズベキスタンにミスが出て日本が同点に追いつく。後半3分、日本は仁部屋が左サイドを突破するが体制を崩し転倒、FPチョリエフがキープしようとするが彼もバランスを崩してしまい、こぼれたボールは再び仁部屋の足元に。仁部屋からのパスを受けた芝野が難なく決めて日本が同点に追いついた。だが7分にFKをユヌソフに右足で合わせられ、再びリードを許す展開になる。ウズベキスタンがやや引き気味となり、攻めあぐねていた日本だが、11分に右サイドで中村がファールをもらうと木暮監督はこのFKを蹴らせるために前鈍内マティアスエルナンを送り込む。前鈍内は左足で直接ゴールを狙う強烈なシュート、これが見事に決まり、日本は同点に追いついた。


そして後半13分、日本がこの試合、初めて勝ち越す。右CKを受けた小曽戸允哉がダイレクトで右足を振り抜き、強烈な一撃を決めた。このまま勝ち切りたい日本だったが、強豪ウズベキスタンは簡単には勝たせてくれない。ユヌソフにGKシャツを着せてパワープレーを敢行、守勢に回る日本を揺さぶる。そして後半16分、アノロフが守備陣の間を縫ってシュートを決め同点。日本も再び勝ち越しを狙うが、結局このまま引き分けに終わった。勝利を逃したことは課題だが、AFCフットサル選手権決勝でイランと互角に渡り合い、9月のW杯を目指して熟成度の高まっているウズベキスタンに対し、まだ立ち上がったばかりのチームで引き分けに持ち込んだことは評価できる。「RE:START」をテーマに戦ったこのベトナム、ウズベキスタンとの二連戦、ワールドカップ出場国に対して内容のある1勝1分けという結果に、木暮監督も選手達も悪くない感触を得られたはずだ。


---------------


MS&ADカップ2016 U-23日本代表 vs  ガーナ代表

5月11日 19:15キックオフ(予定)

フジテレビ系列にて全国生中継


---------------


キリンカップサッカー2016

・日本代表 vs ブルガリア代表 

6月3日 19:40キックオフ(予定) テレビ朝日系列にて全国生中継


・日本代表 vs ボスニア・ヘルツェゴビナ代表 またはデンマーク代表

6/7 19:30キックオフ(予定) テレビ朝日系列にて全国生中継

シェアする

最新記事