大迫2発、小林代表初ゴール、新戦力候補の躍動で日本が仮想サウジ・オマーンに完勝

大迫2発、小林代表初ゴール、新戦力候補の躍動で日本が仮想サウジ・オマーンに完勝

2016.11.12 ・ 日本代表

シェアする

試合前日、「プレー機会のない選手にチャンスを与えたい」と話したハリルホジッチ監督の言葉通り、スタメンにはフレッシュな顔ぶれが並んだ。GKは西川周作。最終ラインは右から酒井宏樹、吉田麻也、丸山祐市、酒井高徳。ダブルボランチは山口蛍と代表デビューとなる永木亮太。左サイドにJリーグで躍動する齋藤学。右にキャプテンマークを巻いた本田圭佑。トップ下に清武弘嗣、ワントップに大迫勇也が入った。


この試合で輝きを放ったのが、1年半ぶりの代表復帰となる大迫勇也。所属するドイツ・ブンデスリーガ、ケルンでの好調を維持し、挨拶代わりのゴールで古巣カシマスタジアムに凱旋を果たす。


まずは32分、清武が左後方からゴール前へと送ったボールに対し、大迫は相手DFの裏をとってヘディング。ゴール左に流し込み、先制点をマークした。大迫はこのゴールの前にも、本田の右からのクロスを頭で合わせてヘディングし、ゴールネットを揺らしたプレーがあった。これはオフサイドの判定により取り消されたが、2度に渡って決定機をシュートに結びつけたことになる。


大迫の勢いは止まらない。41分には、またも清武のパスを大迫がゴール中央で受けると、寄せてくる相手DFを冷静にかわし、右足でゴール左隅に蹴り込んだ。大迫の活躍で日本が2点にリードを広げ、前半を終了した。


ハリルホジッチ監督によると、オマーン戦の目的は2つ。1つは新戦力のテスト、もう1つは所属クラブで出場経験の少ない選手に、プレー機会を与えることである。狙い通り、後半15分には殊勲の大迫を下げて岡崎慎司を投入。さらには本田に替えて、浅野拓磨をピッチに送り込んだ。そして後半18分、清武のパスを受けた浅野がペナルティエリアで倒されてPKを奪取。それを清武がゴール右上に落ち着いて決め、3点目をマークした。


後半23分以降、ハリルホジッチ監督は次々に選手交代を敢行。永木に替えて小林祐希、清武を下げて、久保裕也。齊藤に替えて原口元気、吉田に替えて森重を投入した。


そして迎えた後半アディショナルタイム。原口が左サイドからゴール前にクロスを入れ、ファーサイドに走り込んだ小林が右足で蹴り込み、ゴールネットを揺らす。小林の代表初ゴールの直後、試合終了のホイッスルが鳴った。


試合後、ハリルホジッチ監督は「良いテストだった。まだまだトップパフォーマンスではない選手もいる。(サウジアラビア戦に向けて)しっかり考えて、誰をスタメンで出すかを考えたい」と話し、2ゴールの大迫については「所属クラブとは違う役割を与えた。この2点が次のサウジアラビア戦に向けて、良い候補になった」と及第点を与えた。


殊勲の大迫は「僕にとって、特別なスタジアムで決めることができてうれしい。次が大事なので、勝てるように良い準備をして、絶対に勝ち点3をとるしかない。全身全霊をかけていい準備をしたい」と、ゴールに浮かれることなく気を引き締めていた。


オマーンに4対0と快勝し、来るべきサウジアラビアとの決戦に向けて、弾みをつけた日本代表。ロシアW杯アジア最終予選・グループBの首位に立つサウジアラビアとの大一番は、15日、テレビ朝日系列では19時から、NHK-BS1で18時55分より生中継される。


写真提供:getty images

シェアする

最新記事