【元日本代表GKコーチ】日本の守護神、スペインでの乾と柴崎、リーガ展望を語り尽くす!

【元日本代表GKコーチ】日本の守護神、スペインでの乾と柴崎、リーガ展望を語り尽くす!

2017.2.17 ・ 日本代表

シェアする

 昨年7月まで日本代表GKコーチを務めていたリカルド・ロペス氏は、現役時代はスペイン代表GKとして2002年の日韓ワールドカップのメンバーに選出され、また、クラブでもマンチェスター・ユナイテッドやアトレティコ・マドリード、オサスナでプレーした。

 

 現在はアーセナル・サッカースクール市川のテクニカルディレクターを務め、「自分のサッカー人生で得たものを、現代サッカーの目線から日本の子どもたちに伝えていきたい」と精力的に活動中だ。

 

 そんな同氏が『WOWOW』のインタビューで、リーガ・エスパニョーラやワールドカップ最終予選を戦う日本代表、さらに市川での活動について語った。

 

―――◆―――◆―――

 

――あなたは現在、スペインを離れて日本で子どもたちを教えています。

 

リカルド・ロペス(以下:ロペス):まず、私は日本が大好きなんだ。日本の生活や気候も過ごしやすいし、環境も良い。スペインで指導者の勉強をしている時に、「良い監督になるには子どもたちを1回は指導しないといけない」と言われました。ハイレベルな場所で監督をやる時が来るまでは、ゆっくりとやっていきます。

 

――アーセナル・サッカースクール市川ではどんなことに取り組んでおられますか?

 

ロペス:いろいろ変えることはあります。今は小さなことから変えています。日本にはまだ足りないところが多くあります。

 

 例えば、子どもたちが着替えるためにロッカールームを使うということも日本ではあまりない。サッカーの道具を大切にするとか、服装だったりと些細な部分を変えています。

 

 技術的な面では、ヨーロッパの最新スタイルのサッカーを取り入れています。できるだけボールを早く奪う、ボールを長くキープするといったところです。それに試合に向けて、練習ではしっかりとちゃんとしたメニューを予め準備します。週末に訪れる真剣勝負に向けて、実戦に近い練習をします。

 

――リーガ・エスパニョーラも後半戦に入りました。よくご覧になられていますか?

 

ロペス:スペインの1部から3部まで全部気にかけています。なので、毎週月曜日に結果をチェックするのは楽しみですよ。しっかりと把握するようにしています。Jリーグの開幕も楽しみですね。

 

――今後、リーガの優勝争いなどシーズンをどのように展望しますか?

 

ロペス:未消化試合を2つ残していますが、レアル・マドリーが長く首位に立ち、バルセロナはちょっと躓きました。クラシコ(レアル・マドリーとバルサの直接対決)がまだ残っていますが、次はレアルの本拠地サンチャゴ・ベルナベウでの試合なので、それを考えるとレアル・マドリーが有利でしょう。

 

 それにバルセロナは、リーガ、チャンピオンズ・リーグ、コパ・デル・レイと3つのタイトル獲得の可能性を残しています。それに比べ、レアル・マドリーはコパ・デル・レイですでに敗れており、カレンダー的にもバルセロナほどではない。優勝候補を選べと言われたらレアル・マドリーですね。

 

――2強以外に注目しているチームはありますか?

 

ロペス:アトレティコ・マドリーのサッカーは好きですね。勇気のあるプレーをしますし、ここ数年はリーガでもヨーロッパの大会でも常に優勝争いに絡んでいます。ただ、僕のいたチーム、オサスナが現在最下位なのは残念です。心配しています。

 

――リーガ・エスパニョーラのGKで気になる選手はいますか?

 

ロペス:若い選手がけっこう出てきていますね。セビージャのセルヒオ・リコもハイレベルです。良いチームにいて、大きなコンペティション(大会)にも出て、色々なことを学んでいます。体型的にもいいので、今後何年かすればさらに偉大なGKになると思います。――日本のGKはいかがですか?

 

ロペス:日本のGKには、技術面で欧州のGKが持っているものが欠けていたりしています。ですから、欧州で契約するのはなかなか難しい。でも、レベルはとても高い。私も最初はびっくりしました。

 

 林彰洋(FC東京)、西川周作(浦和)、川島永嗣(メス)、権田修一(鳥栖)、東口順昭(G大阪)、六反勇治(清水)。みんな違う特徴を持っているので、代表ではその中から選手を選ぶことができました。

 

 林は高さがあって、足が使えるし、手の使い方もうまい。しかし、身体の向きなどは修正しないといけない。

 

 西川は足を使うのがとても上手ですが、身体の大きさが少し足りない。技術面では権田が凄く良いものを持っている。

 

 ただ、瞬間的に光るものであったり、激しさは川島の方に分がある。それに川島はスピードがすごい、一つひとつの動作の速さです。みんなを引っ張るリーダーシップも持っている。それでも技術的な面で修正しないといけないところはありますけどね。

 

――世界で通用するには何が必要でしょうか?

 

ロペス:トッププレーヤーとなるようなGKを作るのであれば、良い部分を時間をかけて磨くこと。そうすればいずれ、日本のGKも欧州で活躍できるようになるでしょう。

 

 それと、サッカーはチームでやるものなので、誰かが有名になるためには日本代表が強くならないといけない。クラブワールドカップでは鹿島がレアル・マドリーと少し良い試合をしましたが、アジアカップで優勝したり、ワールドカップに行って活躍をして有名になることが必要です。――フィールドプレーヤーでは柴崎岳選手がテネリフェ(スペイン2部)に移籍しました。日本人選手がスペインで活躍するのに必要なことは何でしょう?

 

ロペス:技術やフィジカル面、スピード、激しさを考えると、スペインは世界で最もハイレベルなリーグです。とくに絶対に勝とうという気持ちや激しさは、日本人選手には少し足りないかもしれない。

 

 相手を傷つけないことは前提ですが、サッカーはぶつかり合うスポーツなので、時に強くボールにいかないといけない。スペイン選手は激しく、強くいくので、2部リーグでも過酷さを極めますね。

 

――乾貴士選手(エイバル)は1部で活躍しています。

 

ロペス:エイバルはスペインの小さな街で、本当に家族みたいなチームです。乾選手とも話しましたが、他の選手とすごく仲が良い。そして乾選手は何事も恐れずに、色々なことにトライする。それが今の良い状況を生み出しているんだと思います。

 

――ワールドカップ最終予選を迎える日本代表はいかがでしょうか?

 

ロペス:現代のサッカーは自分たちより弱いチームというのはなくなりました。全ての試合は難しくなっているので、そう簡単にはいかないでしょう。ただ、日本代表にはワールドカップに出てもらいたいし、出てくれると信じています。

 

 団結力があるし、良い選手もいる。さらに環境も良いので、上手くいくことを願っています。簡単ではないですが、そうだと信じています。オーストラリアとサウジアラビアは強いチームですが……。でも、日本は絶対ロシアには行くと信じています。


http://www.wowow.co.jp/sports/liga/

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事