欧州3年目を迎えた南野拓実があのベルギー代表アタッカーのプレーに惚れ込むわけ

欧州3年目を迎えた南野拓実があのベルギー代表アタッカーのプレーに惚れ込むわけ

2017.2.17 ・ 日本代表

シェアする

 2011年のメキシコU-17ワールドカップ。吉武博文監督率いるU-17日本代表は、快進撃を続けベスト8という結果を残した。この『94ジャパン』のメンバーであった南野拓実は今、あの時の衝撃を追いかけ続け、オーストリアの地で奮闘を続けている。

 

「小さい頃から漠然と世界に行きたいという想いがあったのですが、あの大会を通して、自分の中でもっと具体的に感じたものがすごくあった。今後、自分が彼らと真剣勝負をして、互角にやるためには海外に出ないといけないな、と強く思ったんです」

 

 当時、16歳の少年が抱いた感情は、日に日に膨らんでいき、いつしか海外で勝負をするという強い決意に変わっていく。2015年1月6日、20歳の誕生日を迎える直前に、彼はオーストリアの名門クラブであるレッドブル・ザルツブルク経の移籍を決断。単身、海を渡った。

「やっぱり海外に来てみて、文化の違いだったり、サッカーの面でも寄せの強さとか、細かいところでいろいろ感じることがあって、16歳の頃のように、常に感じながら成長できていると思う」

 

 ザルツブルクで会った彼の顔は、非常に引き締まり、同時に充実したものであった。

「最初、ここに来て、日本とのピッチコンディションの差を感じたのですが、綺麗じゃないピッチを見て、逆に『あ、ヨーロッパっぽいな。俺は海外に来てるんだ』と実感させてくれる要素で、自分にとってはすごく嬉しかったですね(笑)。悪いピッチでも大歓迎というか、すごく海外にいることを実感できるんです」

 

 今も少年時代に抱いた純粋な気持ちを持ち続け、さらにヨーロッパのサッカーシーンで自らを向上させようとするモチベーションは、その環境を目の当たりにして、さらなる高まりを見せている。

 

 今季、南野はザルツブルクで3シーズン目を迎えている。オーストリア・ブンデスリーガ2連覇を経験。3連覇に向けて首位に立つチームで、彼は少しずつその存在感を示そうとしていた。

 

 ポジションはFWと右サイドハーフ。2つのポジションの適性をオスカル・ガルシア監督は見出しており、主にサイドハーフとして構想に入っているようだ。ガルシア監督が南野に求めるのは、ゴール前での決定的な仕事と守備の両立にある。 ガルシア監督から南野に対する要求は、サイドハーフとして対峙するサイドアタッカーを封じるだけでなく、ボランチからのサイドチェンジや展開のパスを塞いだり、カウンターの起点を奪ったりと、とりわけ守備面においてその内容は多岐に渡る。南野は攻撃面での自我を持ちながらも、そのハイレベルな要求にもきちんと対応できるように意識を持って取り組んでいる。

 

「サイドの選手はプレー強度と守備は絶対に求められる。守備も足先だけでなく、『バチッ』と身体で行くことを求められるんです。なかでも重要なのが、『相手のカウンターを止める技術』で、ガルシア監督はそれをめちゃくちゃ求める。日本だったら、『遅らせる』など、カウンターを食らう時のファウルを是としないけど、こっちはそんな甘っちょろいこと言うな、当たり前やろって感覚で言われる。だからこそ、トップクラスの選手になるとファウルがめちゃくちゃ上手いし、激しくなる。カウンターを止める迫力は凄まじいですよね。逆にその迫力があるからこそ、こっちのカウンターの精度はさらに磨きがかかるんです」

 

 今、南野にはお手本とするべき選手がいる。それはチェルシーのベルギー代表FW、エデン・アザールだ。サイドを主戦場とし、173センチ・74キロと決して大柄では無いが、力強いドリブルと決定力、寄せの速さと対人の強さを発揮し、攻守両面で無類の輝きを放つ。

 

「昔の僕はラウールやビジャ、インザーギなどビルドアップにはそんなに参加しないけど、ゴール前でしっかりと点を獲る選手が好きだったんです。でも、今はアザールのプレーがすごく好きになりました。サイドから運べて、中央でもプレー出来て、タメも作れる。そしてクレバーで、試合の流れを読めて、点もアシストも決められる。カウンターの際は、攻守において相手と並走しても力負けしない。特に攻撃面は相手の寄せを物ともせず、ゴール前まで運んで、ゴールまで決めてしまう。体格は大きくないのに、それができる。見習いたいです」

 

 求め続けた環境で多くのことを吸収しながら、理想型をさらに上に置いている。当然、そうなれば、求めるレベルもさらに高くなる。南野拓実は心の底から溢れ出る向上心に嘘をつくことなく、純粋に、本気で前進し続けている。必ず日本代表にとっても、彼は欠かすことができない存在になってくれるだろう。『日本のアザール』になる日も、そう遠くはないはずだ。

 

取材・文:安藤隆人(サッカージャーナリスト)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事