今野スタメン起用が大成功、攻守に大車輪の活躍で日本代表が2-0快勝、UAEにアウェイでリベンジ果たす

今野スタメン起用が大成功、攻守に大車輪の活躍で日本代表が2-0快勝、UAEにアウェイでリベンジ果たす

2017.3.24 ・ 日本代表

シェアする

24日、FIFAロシアW杯アジア最終予選 UAE戦がUAEのアルアインで行われ、日本代表は久保裕也の代表初ゴールを含む、1得点1アシストの活躍で勝利。勝点を13に伸ばし、W杯出場圏内であるグループ2位のキープに成功した。


日本のスタメンはGK川島永嗣、最終ラインは右から酒井宏樹、吉田麻也、森重真人、長友佑都。アンカーに山口蛍。インサイドハーフに今野泰幸と香川真司。右サイドに久保裕也、左に原口元気。ワントップに大迫勇也が入る4-3-3でスタートした。


先制したのは日本。前半14分、右サイドの酒井のパスに走り込んだ久保が右足ダイレクトで蹴り込み、強烈なシュートを流し込んだ。直後の前半20分、中央から右サイドにスルーパスを通され、マブフートにシュートを打たれるが、GK川島が体に当ててブロック。九死に一生を得る。


その後の日本は大迫のポストプレー、香川のボールキープ、今野のルーズボール奪取でリズムを作り、両サイドの原口、久保の素早い守備から攻撃への切り替えでチャンスを生み出していく。


そして後半6分、大迫のポストプレーから久保がファーサイドへクロスを送り、そこに走り込んでいたのが今野。胸トラップでボールを上手くコントロールすると、右足ダイレクトであわせ、GKの股間を抜くシュートで2点目を奪った。


後半26分、中盤が間延びした展開を受けて、ハリルホジッチ監督が動く。香川に替えて倉田秋、後半33分には疲労の色が濃い久保に替えて、本田圭佑を投入する。後半36分には接触プレーで負傷した大迫に替えて、岡崎慎司がピッチに入る。


後半43分には本田、原口とボールがつながり、岡崎がシュートを打つが、わずかにゴール左に反れた。アディショナルタイムは4分。UAEが一矢報いようと攻勢に出るが、日本は体を張った守備でゴールを許さず。2対0で完勝し、ホームで敗れた雪辱を果たした。


試合後、ハリルホジッチ監督は笑顔で「素晴らしい勝利。私の指示をしっかり守って、ゲームをマネジメントしてくれた。W杯へ向けて、良い道のりだと思っている」と語り、次のタイ戦に向けては「タイに勝てなければ、今日の勝利は無駄になってしまう」と気を引き締めた。


1得点1アシストの久保は「(得点場面は)フリーだったので振り抜こうと思った。前回、不甲斐ない形で終わったので、チームに貢献したかった。もっと結果を残していかないといけない。次に向けてしっかり準備したい」と活躍に浮かれることなく、前を向いた。


攻守に大車輪の活躍を見せた今野は「難しい試合になることはわかっていた。勝点3を持って帰ることができて満足している。得点シーンは(原口)元気がニアに引っ張ってくれて、ファーに走ったらフリーになった。そこに久保がピンポイントで出してくれた。奇跡ですね(笑)」と安堵の表情で振り返った。


この勝利により、日本は4勝1分1敗で勝点13。1位のサウジアラビアと同勝点ながら得失点差で2位となった。次戦はホームにタイを迎える。タイは最終予選で1分5敗と最下位に沈むチーム。大量得点で勝利して、サウジアラビアを得失点で上回り、首位に躍り出たいところだ。


注目のタイ戦は28日18時半よりNHK-BS1、19時よりテレビ朝日系列で生中継される。


写真提供:getty images

シェアする

最新記事