【現地取材動画】U-20日本代表、イタリア戦後取材 遠藤、杉岡、小川選手コメント

【現地取材動画】U-20日本代表、イタリア戦後取材 遠藤、杉岡、小川選手コメント

2017.5.28 ・ 日本代表

シェアする

27日、FIFA U-20ワールドカップ・グループリーグ第3戦、日本は1勝1敗、勝ち点3同士の対戦となったイタリア戦を戦い、前半開始直後、続けざまに2失点するという厳しい試合展開となったが、MF堂安律の2得点で欧州2位の強豪に追いつき引き分けに持ち込んだ。勝ち点1を加えた日本はグループD3位ながら、内山監督がノルマと課していた決勝トーナメント進出を決めた。以下、試合後のコメント


MF遠藤渓太(横浜Fマリノス)

チームとしてやるべきことをやって、なし得た結果だと思うので素直に嬉しい。(1点目のアシストは)自分の得意な位置でボールを受けられて、中を見た瞬間、堂安律が見えた。点と点で合わせられていいクロスを上げられたと思います。決勝トーナメントは負けたら終り、勝ったチームだけが前にすすめる試合だから、自分たちが勝って世界にチャレンジして行きたいです。


DF杉岡大暉(湘南ベルマーレ)

立ち上がりに悪い形で入って失点してしまったんですけど、前半のいい時間に1点取れて、チームとしてボール回しをしっかりやって相手を走らせ、後半追いつけたことは良かったですし、一個成長できたかなと感じています。勿論勝ちたい気持ちはありましたし、2位で行きたかったんですけど、そういう意味では2−2で終われて、グループリーグを突破できたのは良いことだと思います。


FW小川航基(ジュビロ磐田)

本当に頼もしいです。今まで長く同じくチームでやってきて、積み重ねが出来て良くなってきているな、と思いますし、日本のサッカーが通用していると改めて感じました。(堂安選手がゴール後に小川選手のユニフォームを掲げたことは)やはりグッと来ましたし、本当に感謝したいです。宣言してくれていたので、本当に有言実行の男だなと思いますね。決勝トーナメントでもやってくれるんじゃないかと信じているので「あとは頼んだぞ」「やってくれ」という気持ちを残して帰りたいと思います。


ノックアウトステージに進んだ日本だが、27日の段階では対戦相手等は確定しておらず、28日に開催予定のグループEとFの4試合の結果次第で


・5月30日17時キックオフ予定のベネズエラ戦

・5月31日20時キックオフ予定のイングランド戦


のどちらかで確定する。また、同世代のU-19日本代表が参戦する第45回トゥーロン国際大会のハイライト映像もレジェンドスタジアムで配信予定。試合日程、放送予定は以下の通り。


日本時間5月29日(月) 対キューバ戦 深夜24時キックオフNHK BS1にて生中継予定


写真提供:getty images

シェアする

最新記事