【現地取材動画】U-20日本代表、ベネズエラ戦前日練習 岩崎、三好、冨安選手コメント

【現地取材動画】U-20日本代表、ベネズエラ戦前日練習 岩崎、三好、冨安選手コメント

2017.5.30 ・ 日本代表

シェアする

30日からノックアウトステージに入るU-20ワールドカップ。日本は3試合を10得点0失点の3連勝、グループB断トツの一位通過で決勝トーナメント進出を決めたベネズエラと対戦する。翌日の試合に向けてチームは大田広域市で調整に務めた。日本はここまで3試合5失点と、アジア予選無失点を記録した安定した守備力が鳴りを潜めている。3試合とも先制を許していることもあり、この日の練習でもDFリーダーの中山雄太を中心に改めて連携の確認を行った。攻撃陣はイタリア戦で輝きを見せたMF堂安律は終始リラックスした表情だったが、エース小川が負傷離脱したFW陣は目に見える結果を求められるポジションなだけに、シリアスなムードの中でトレーニングメニューを消化した。また、ノックアウトステージに入るということもあり、PK戦を想定した練習も行われた。選手のコメントは以下の通り。


FW岩崎悠人選手(京都サンガ)

グループリーグ3試合では影の動きが多かった。もう少し自分で輝けるように、結果を残せるようなプレーがしたい。


MF三好康児選手(川崎フロンターレ)

(ベネズエラは)運動量が落ちる部分があるので、そこは特に狙い目かと思っています。


DF冨安健洋選手(アビスパ福岡)

(ベネズエラの)前線4枚はかなり個人技があるので、組織で対応できればと思っているけど、個でも負けてはいけないと思うので、しっかりと強い気持ちを持って対応したい。


ノックアウトステージ16強、初戦、対ベネズエラ戦は5月30日(火)17時〜 キックオフ、BSフジ/フジテレビNEXTにて生中継される予定だ。


データ提供:JFA
写真提供:JFA

シェアする

最新記事