【ハイライト動画】ハリルジャパン、強豪ベルギー相手に善戦するが、エース・ルカクに決められ力負け

【ハイライト動画】ハリルジャパン、強豪ベルギー相手に善戦するが、エース・ルカクに決められ力負け

2017.11.15 ・ 日本代表

シェアする

日本時間15日、欧州遠征中のハリルジャパンはベルギーのブルージュでベルギー代表と対戦。前半は攻守に高い集中力でプレーし、スコアレスドローで折り返すが、後半27分にベルギー代表のエース・ルカクに歴代最多得点数を更新するゴールを決められ、1対0で敗戦。強豪相手の力試しは悔しい敗戦となった。


ブラジル戦から中4日の日本は、スタメンを2人チェンジして臨んだ。GK川島永嗣、最終ラインは右から酒井宏樹、吉田麻也、槙野智章、長友佑都。中盤の底に山口蛍、インサイドハーフに井手口陽介と日本代表初出場となる長澤和輝。右に浅野拓磨、左に原口元気、ワントップに大迫勇也が入る4-3-3でスタートした。


ハリルジャパンはFIFAランキング5位のベルギーを相手に、前半から積極的なプレーを敢行。チームの生命線である前線からのチェイシングで相手にプレッシャーをかけると、大迫のポストプレー、浅野の飛び出しでチャンスを作る。


一方のベルギーはワントップのルカクが強靭なフィジカルを活かして存在感を放つと、MFデ・ブルイネのパスを起点にチャンスを演出。前半22分には日本の左サイドを突破し、デ・ブルイネがダイレクトシュート。これはGK川島が体を張ってストップしたが、要所で流石のプレーを見せる。


日本の最初のシュートは前半26分、酒井のクロスに大迫が頭で合わせるが、ゴール左に逸れた。前半40分には浅野が倒されて得たフリーキックを井手口がゴール前へ入れ、吉田がヘディングで合わせるが、ゴールの枠を捉えることはできず。


両チームとも決定打を欠いた前半をスコアレスで折り返すと、後半9分には大迫がペナルティエリアの外から鋭いシュートを放つが、ゴールの外。攻撃に変化をつけたい日本は後半17分、長澤に替えて森岡亮太、後半22分には浅野を下げて久保裕也を送り込む。


後半25分には森岡が左足でシュートを放つが、GKが難なくキャッチ。攻勢に出始めた矢先、落とし穴が待っていた。後半27分、シャドリがドリブルで3人をかわすと、ファーサイドのルカクにピンポイントクロスを送る。これをフリーのルカクが頭で合わせ、ゴール右に流し込んだ。


1点を追いかける日本は大迫に替えて杉本健勇を投入。後半32分には相手のミスを突き、ボールを奪った杉本が左足でシュートを打つが、GKにセーブされる。後半33分には原口に替えて乾貴士を投入。乾は最初のプレーをシュートに結びつけるなど、意欲的なプレーで攻撃を牽引する。


後半41分には足を痛めた酒井に替えて、酒井高徳を投入。立て続けに選手を替えるが、攻守の連動性と強度が低下する結果となり、ゴールを奪うことはできず。0対1で試合終了のホイッスルを聞いた。


試合後、ハリルホジッチ監督は「しっかりポジションをとって、良い入りをした。(失点場面は)3人、4人で簡単に抜かれたのは残念。負けるに値しないゲームだったが、これもフットボール。(前回の)ブラジル戦は相手をリスペクトしすぎて、前半の20分が良くなかった。今日の試合は我々がゲームをコントロールした。得点チャンスもいくつかあったが、残念ながら入らなかった」と無念の表情。


代表初出場で存在感を示した長澤は「ベルギーは個の能力が高いので、1対1のところでもう少ししっかり戦えれば良かった。相手が準備でききれていないときにハイプレッシャーに行って、何度か奪ったあとにチャンスがあったので、決めきれれば良かった」と語り、日本代表101試合目の出場となった長友は「集中していいゲームができていたが、負けは負けなので悔しい。決めるべきところで決められた。僕らもチャンスがあったが決めきれない。そこは差だと思う」と冷静に振り返った。


ブラジル、ベルギーという競合相手の腕試しを2敗で終えたハリルジャパン。次なる戦いの場は12月、韓国、中国、北朝鮮をホームに迎える『EAFF E-1サッカー選手権』となる。ロシアW杯まであと7ヶ月。メンバー入りに向けた競争は続く。

写真提供:getty images

シェアする

最新記事