【ハイライト動画】屈辱の4失点…ハリルジャパン、韓国に惨敗でE-1逆転優勝許す

【ハイライト動画】屈辱の4失点…ハリルジャパン、韓国に惨敗でE-1逆転優勝許す

2017.12.17 ・ 日本代表

シェアする

16日、ハリルジャパンは『EAFF E-1 サッカー選手権2017決勝大会』(東京/味の素スタジアム)で韓国代表と対戦。開始3分に小林悠がPKを決めて先制するが、その後、大量4失点を喫して逆転負け。韓国に東アジア王者の座を献上することとなった。


引き分け以上で優勝が決まる日韓戦。スタメンGKは初戦でビッグセーブを連発した中村航輔。最終ラインは右から植田直通、三浦弦太、昌子源、車屋紳太郎。ダブルボランチに今野泰幸と井手口陽介、2列目に右から伊東純也、倉田秋、土居聖真、ワントップに小林悠が入る、4-2-3-1でスタートした。


開始直後から日本が攻勢に出ると、前半3分にはチャン・ヒョンスがペナルティエリアで伊東を倒してPKを獲得。これを小林がゴール左隅に流し込み、日本が早い時間に得点をあげる。


しかし、その後は韓国の攻撃に受け身になると、前半13分、左からのクロスを196cmの大型FWキム・シヌクが打点の高いヘディングで突き刺し、韓国が同点に追いつく。さらに前半23分、車屋がミスでボールを奪われてファウルを犯し、フリーキックを与えると、ペナルティエリアの外からチョン・ウヨンに無回転キックを叩き込まれ、逆転を許してしまう。


その後も試合を支配したのは韓国。日本は奪ったボールを効果的に保持することができず、守備の時間が長くなる。そして前半35分、イ・ジェソンのパスをキム・シヌクが左足で蹴り込み3点目。韓国が日本を突き放す。


後半に入っても試合の流れは変わらず、日本は奪ったボールを効果的な攻撃に繋げることができない。ハリルホジッチ監督が動いたのが、後半21分だった。井手口に替えて、代表デビューとなる三竿健斗を投入。流れを変えようとするが、直後の後半24分、ヨム・ギフンが直接フリーキックを決めて1対4。試合の行方を決定づけるゴールが決まってしまう。


直後、伊東に替えて川又堅碁を投入。後半36分には、倉田に替えて阿部浩之を送り込むと、徐々に攻撃の形が出来始める。後半39分には阿部のクロスに川又が頭で合わせるが、GKチョ・ヒョンウが好セーブを見せる。後半アディショナルタイムにも、川又が胸トラップから反転してボレーシュートを打つが、GKの正面を突いた。いずれも得点にはならなかったが、川又は短い時間でインパクトを残した。


結局、韓国の守備を破ることはできず、為す術なく敗れたハリルジャパン。大会を終えて1位韓国(勝点7)、2位日本(同6)、3位中国(同2)、4位北朝鮮(同1)という結果となった。


試合後、ハリルホジッチ監督は「このチーム(韓国)が、日本より強いことは試合前からわかっていた。韓国とのレベルに差があった。韓国は勝利に値したと思う。ここでしっかり結果を残すことを望んでいたが、1点目を決めた後、プレーを止めてしまった。なぜそうなったのかはわからない。相手がその状況をうまく利用して2得点。こちらのバランスが崩れてしまった。韓国のほうが格上だった」と力なく語った。


キャプテンマークを巻いた昌子源は「良い時間帯で点が入って勢いを見せられたが、監督から『プレーするのを怖がっている』と言われて、そうとられても仕方がないプレーだった。この3試合、キャプテンを命じられたが、キャプテンとしても未熟な3試合だった」と反省の弁に終止した。


ロシアW杯のメンバー選考に向けた、テストと位置づけられた『EAFF E-1 サッカー選手権2017決勝大会』。この敗戦を無駄にすることなく、ロシアでの躍進に繋げたい。

写真提供:getty images

シェアする

最新記事