森保ジャパン、2連勝で決勝トーナメント進出…板倉滉が2戦連続弾/AFC U-23選手権・タイ戦

2018.1.13 ・ 日本代表

シェアする

■GS第2戦 日本 1-0 タイ


日本:板倉(90分)


タイ:なし


AFC U-23選手権グループステージ第2戦、U-21日本代表対U-23タイ代表が江陰体育中心(中国)にて行われた。


1-0で勝利を収めたU-23パレスチナ代表戦から、日本は先発メンバーを4人変更する。FW小松蓮、MF三好康児、MF浦田樹、DF庄司朋乃也がベンチスタート。FW田川亨介、MF髙木彰人、MF遠藤渓太、DF原輝綺が先発となった。フォーメーションは田川を1トップとする3-4-2-1。


日本は前半、主導権を握るが決定機を生かせない。同じフォーメーションで守備を固めるタイを攻略できず、0-0で前半を終える。


後半は、タイもFWチェンロップ・サンファオディを起点に攻撃を仕掛ける。タイは接触で倒れる場面が目立つも、日本からゴールを奪おうとする姿勢を見せた。しかし、先制点は日本に生まれる。90分、MF井上潮音のクロスを田川が頭でコントロール。最後はDF板倉滉が詰め、ゴールネットを揺らした。板倉はパレスチナ戦に続き、2試合連続の得点となった。


後半アディショナルタイム、日本は直接FKのピンチを招くもこれを凌ぎ切り、1-0で勝利を収めた。日本は2連勝。グループステージ突破を決めた。



記事提供:Goal

シェアする

最新記事