【ハイライト動画】守備的タイを攻めあぐねた森保ジャパン、DF板倉が終了間際に2試合連続弾、決勝トーナメント進出決める

【ハイライト動画】守備的タイを攻めあぐねた森保ジャパン、DF板倉が終了間際に2試合連続弾、決勝トーナメント進出決める

2018.1.14 ・ 日本代表

シェアする

日本時間13日、AFC U-23選手権グループステージ第2戦、タイ戦が中国の江陰スポーツセンターで行われた。2020年の東京五輪を目指す森保ジャパンは守備的布陣のタイを攻めあぐねたが、終了間際に板倉滉が2試合連続となるゴールを決めて、1対0で勝利。2連勝でグループステージ突破を確定させ、準々決勝への切符を手に入れた。


勝てばグループステージ突破が決まる2戦目。スタメンはGK小島亨介、3バックの右に原輝綺、左に板倉滉、中央に立田悠悟。ダブルボランチにキャプテンマークを巻いた神谷優太と井上潮音。右に藤谷壮、左に遠藤渓太。2シャドーに岩崎悠人と髙木彰人。ワントップに田川亨介が入る、3-4-2-1でスタートした。


立ち上がりからボールを支配したのは日本。前半13分には、ゲームメイカー井上のスルーパスに抜け出した田川がGKと1対1の場面でダイレクトシュートを放つ。直後の14分にも田川が得意のドリブルで持ち込み、左足でシュート。これはDFにブロックされたが、このプレーで得たコーナーキックから立田がシュートを放ち、GKにギリギリのところで防がれるなど、タイを押し込んでいく。


前半22分にも田川が髙木のシュートを左足で収め、右足を振り抜くがゴールの上。前半39分には岩崎がゴール前でパスを受け、流れるようなフェイントで相手を交わしてシュートを打つが、ゴールの枠を大きく外れた。


キャプテンのチェンロップを起点にカウンターを仕掛けるタイに対し、日本は最終ラインの立田を起点に素早いプレスで自由を与えず。後半11分には再三、右サイドを突破していた藤谷のパスを受けた髙木がペナルティエリアの外からシュートを打つが、GKの正面を突いた。


流れを変えたい日本は後半18分、岩崎に替えて森島司を投入。後半28分には髙木を下げて、旗手怜央を送り込む。2シャドーの選手を両方とも替え、リズムの変更を試みる日本。後半37分には井上のパスを受けた田川が反転し、左足で狙ったシュートはサイドネット直撃。後半41分には田川が得意のドリブルで切れ込み、左足でシュートを放つがGKの正面。後半43分には、またも田川がドリブルで切れ込み、左足でシュート。GKが弾いたボールに反応した旗手がシュートを打つが、右ポストを叩いた。


決定機を逃し、このまま終了かと思われた後半45分。若武者の粘りが歓喜を呼び込んだ。右サイドから井上があげたクロスを田川が頭で落とし、板倉が右足でシュート。DFの板倉が2試合連続となるゴールを突き刺し、1対0で勝利。2試合を終えて勝ち点6をあげ、3試合目を残して準々決勝進出を決めた。


試合後、値千金のゴールを決めた板倉が「攻めている中で点数が入らない。難しい状況だった」と振り返るなど、引き分けで終わってもおかしくない状況で勝ち切り、準々決勝進出を決めたことは、連戦下のコンディションを考えても、単なる勝利以上の意味を持つ勝ち点3だった。


グループステージ3戦目、首位通過をかけて戦う北朝鮮戦は16日(火)16時55分より、CSテレ朝チャンネル2で生中継される。


写真提供:getty images

シェアする

最新記事