【ハイライト動画】フットサル日本代表、W杯王者アルゼンチンに先制するも逆転され連敗

【ハイライト動画】フットサル日本代表、W杯王者アルゼンチンに先制するも逆転され連敗

2018.1.29 ・ 日本代表

シェアする

28日、国際親善試合 フットサル日本代表対フットサルアルゼンチン代表戦が富山市総合体育館で行われ、日本はアルゼンチンに1対4で敗戦。2016年のW杯王者アルゼンチンに攻守ともに圧倒され、悔しい敗戦となった。


3日前、東京で行われた同カードでは2対4で敗れた日本。格上相手のリベンジマッチはGKピレス・イゴール、齋藤功一、吉川智貴、星翔太、清水和也のセットでスタートした。


開始直後から、攻勢に出たのはホームの日本。前半1分、20歳の若武者・清水がアルゼンチンのゴールをこじ開ける。セットプレーから齋藤が左足で強烈なシュートを放つと、GKサルミエントがファンブル。跳ね返ったボールを清水が押し込み、日本が開始早々に先制する。


しかし、喜びもつかぬ間、直後のプレーで星がボールを奪われると、ブランディがドリブルで運んで中央へ折り返し、ボルットがダイレクトで合わせて同点に追いつかれてしまう。


その後、日本はポルトガルのベンフィカでプレーする逸見勝利ラファエルに加え、室田祐希、滝田学、森岡薫というペスカドーラ町田のセットにチェンジ。4分には、森岡がコーナーキックからダイレクトでシュートを放つが、ゴールの右に逸れた。


アルゼンチンの勢いを受けて立つ日本は、皆本晃、仁部屋和弘、渡邉知晃、西谷良介のセットに変更。さらに9分を過ぎたあたりから吉川、加藤未渚実、清水、星と目まぐるしく選手を入れ替え、活路を見出そうとする。


前半14分、逸見が鮮やかなボールタッチで相手をかわし、中央へ素早いパスを送るが、滝田のシュートは空振り。決定機をものにすることができない。すると前半17分、ボルットに右足で強烈なシュートを流し込まれ、アルゼンチンが勝ち越しに成功する。


後半からGKを関口優志に替え、森岡、滝田、逸見、室田のセットでスタート。まずは1点返し、同点に追いつきたい日本だったが、後半2分、アルゼンチンに追加点を許してしまう。タボルダのシュートをGK関口が足でブロックするが、そのボールをブランディに詰められて3点目。後半3分には自陣でボールを奪われると、タボルダに4点目を決められて

しまう。


瞬く間に3点差をつけられた日本。後半6分には吉川が相手陣内でボールを奪うと、そのまま持ち上がり、右足を振り抜く。強烈なシュートはGKにブロックされたが、そのプレーで得たコーナーキックから星がシュートを打つなど、徐々に押し込み始める。


その後も逸見、森岡が持ち味の強烈なシュートでゴールを強襲するが、GKサルミエントの牙城を崩すことはできない。後半9分には森岡が粘ってボールをキープしてGKをおびき出し、中央へ折り返したボールを滝田が右足ダイレクトで振り抜くが、タボルダが体に当ててブロックした。


1点が遠い日本は、残り時間5分を切ったところでパワープレーを敢行。フィールドプレイヤーの皆本、森岡がGKのユニフォームを着て出場し、5人で攻めに出る。しかし、アルゼンチンのパワープレーの守備が固く、効果的な形でのシュートに持ち込むことができない。結局、日本は追加点を奪うことができず。1対4で試合終了の笛が鳴った。


試合後、日本代表のブルーノ・ガルシア監督は「前半は点差が示すとおり、拮抗した良いゲームだったが、後半の立ち上がりに隙を突かれて2点を取られてしまった。その後、盛り返してチャンスを作ったが、決められなかった。第2PKなどの大チャンスをものにできないと、こういう相手に勝つことは難しい」と厳しい表情で振り返った。


アルゼンチンとの連戦を終えた日本代表は、29日にAFCフットサル選手権(チャイニーズ・タイペイ)に臨むメンバーが発表され、1日のタジキスタンとの初戦に挑むことになる。AFCフットサル選手権は、NHK-BS1で日本戦全試合が生中継される。強豪アルゼンチンと戦った経験を生かし、アジアの頂点を目指して突き進みたい。


シェアする

最新記事