5.30ガーナ戦で西野ジャパンはベースとなるDF陣をどう構築するのか。

5.30ガーナ戦で西野ジャパンはベースとなるDF陣をどう構築するのか。

2018.5.26 ・ 日本代表

シェアする

5月30日、サッカー日本代表は日産スタジアムにてガーナ代表を迎え撃つ。突然産み落とされた西野ジャパンの初陣にして、ロシアW杯前最後の国内強化試合。壮行試合と言い難いのは、現時点で23人の枠を約束された者は誰もいないからだ。特にDFはシビアな戦いが待っている。チーム内での生き残りを賭けた戦いをしながら、残り一ヶ月を切ったワールドクラスのライバルたちからゴールを守るべく、新監督から提示されたサッカー、組織的な守備に磨きをかけなければならないのだ。


夢を力に2018

キリンチャレンジカップ2018 サッカー日本代表vsガーナ代表

5月30日(水)日産スタジアム 19:25 キックオフ予定

テレビ朝日系列で生放送


【ガーナ代表戦招集選手】

▽GK

川島永嗣(メス)

東口順昭(G大阪)

中村航輔(柏)


▽DF

長友佑都(ガラタサライ)

槙野智章(浦和)

吉田麻也(サウサンプトン)

酒井宏樹(マルセイユ)

酒井高徳(ハンブルガーSV)

昌子源(鹿島)

遠藤航(浦和)

植田直通(鹿島)


▽MF

長谷部誠(フランクフルト)

本田圭佑(パチューカ)

乾貴士(エイバル)

香川真司(ドルトムント)

山口蛍(C大阪)

原口元気(デュッセルドルフ)

宇佐美貴史(デュッセルドルフ)

柴崎岳(ヘタフェ)

大島僚太(川崎F)

三竿健斗(鹿島)

井手口陽介(クルトゥラル・レオネサ)


▽FW

岡崎慎司(レスター・シティ)

大迫勇也(ブレーメン)

武藤嘉紀(マインツ)

浅野拓磨(シュツットガルト)

写真提供:getty images

シェアする

最新記事