【ハイライト動画】U-21日本代表、トルコにミスから痛恨の逆転負けで決勝進出に暗雲

【ハイライト動画】U-21日本代表、トルコにミスから痛恨の逆転負けで決勝進出に暗雲

2018.5.29 ・ 日本代表

シェアする

日本時間29日、トゥーロン国際大会に参戦中のU-21日本代表がU-21トルコ代表と対戦。フランスのヴィトロルで行われた初戦は、後半4分に三好康児のゴールで日本が先制するが、その後2ゴールを奪われて逆転負け。準決勝進出に向けて、痛恨の黒星スタートとなった。


2020年の東京五輪を見据え、強化を続けるU-21日本代表。トゥーロン国際大会は海外勢との真剣勝負という腕試しの場でもある。注目のスタメンはGK山口瑠伊、3バックに右から椎橋慧也、冨安健洋、板倉滉。ダブルボランチにキャプテンマークを巻く中山雄太と井上潮音。右に藤谷壮、左に初瀬亮。2シャドーに三好康児と森島司。ワントップに小川航基が入る、3-4-2-1でスタートした。


チームを率いるのは横内昭展監督。本来の指揮官、森保一監督はA代表のコーチを兼務するため、代行監督がチームの指揮を執ることとなった。


立ち上がりから、ボールを支配したのは日本。最終ラインの冨安、ダブルボランチの中山、井上を中心にビルドアップし、ウィングバックの藤谷、初瀬の突破に活路を見出そうとする。守備時は両ウィングバックが最終ラインに入り、5-4-1でスペースを消していく。


日本のチャンスは前半17分。中山のスルーパスに反応した小川が右足を振り抜くが、GKのファインセーブに遭い、ゴールならず。40分ハーフの前半は日本がボールを支配し、ピッチをワイドに使ってトルコの守備を広げようと試みるが、なかなか決定的な形を作ることができず、無得点でハーフタイムに突入した。


そして後半4分、日本が素早い攻撃でトルコゴールをこじ開ける。森島がスピードに乗ったドリブルで持ち上がり、右前方の三好へパスを送る。レフティの三好は絶妙なファーストタッチでボールを収めると、得意の左足でファーサイドに流し込んだ。


攻勢に出る日本は後半13分、ボランチの井上に替えて杉岡大暉を投入。杉岡が最終ラインに入り、板倉がボランチにポジションを移動した。追加点を奪いたい日本だったが、後半21分にミスからゴールを奪われてしまう。GK山口の弱いパスをクリアしようとした杉岡のボールが相手に渡り、パスをつながれ、替わって入ったばかりのアクチャイがゴール。1対1の同点に追いつかれてしまう。


後半27分、故障明けの小川に替わり、スピードに乗った突破が持ち味の田川亨介を送り込む。勝ち越しを狙う日本だが、後半32分、浮いたボールをペナルティエリアの中で抑えようとした杉岡がハンドを取られ、PKを献上。これをカナツスクシュが蹴るが、GK山口が足に当ててストップ。


直後、日本は先制アシストの森島に替えて、ドリブラーの遠藤渓太を投入。しかし後半35分、右からのクロスが冨安に当たり、跳ね返ったボールをアクチャイがボレーシュート。GK山口は正面で抑えようとしたが、手を弾いてゴールに吸い込まれていった。


逆転を許した日本は後半38分、DF椎橋に替えてFW上田綺世を投入。同点を目指して選手を入れ替えるが、トルコゴールをこじ開けることはできず。1対2で初戦を落とし、準決勝進出に向けて暗雲が立ち込めた。


勝利が必要な次戦、相手は欧州の強豪ポルトガル。試合は31日、NHK-BS1で23時50分より生中継される。

写真提供:getty images

シェアする

最新記事