乾貴士、コロンビア戦の悲観論に待った!「言葉には気をつけて。僕たちはやれる」

乾貴士、コロンビア戦の悲観論に待った!「言葉には気をつけて。僕たちはやれる」

2018.6.17 ・ 日本代表

シェアする

ロシア・ワールドカップ(W杯)初戦コロンビア戦を2日後に控える日本代表だが、MF乾貴士は日本に存在する悲観論に待ったをかけた。「自分たちはやれると常に信じている」と、今大会で成功を収める並々ならぬ意欲を見せている。


19日にグループステージ突破の本命コロンビアと対戦する日本代表。17日後の練習にメディアの取材に応じた乾は、今大会がどっちに転ぶか分からない拮抗した試合が多いため、日本にも勝利のチャンスがあるのかとの問いに悲観論が含まれているとして、こう返した。


「まあ、皆さんがどう思っているかはわからないですけど、もともとはチャンスがあると思っているので。たぶん、今の言い方だと日本のチャンスが少ないという意味だと思うんで、それは気をつけてほしいんですけど(笑)。そう思われるのは仕方のないことですが、自分たちはやれると常に信じてやっているので、そういう思いを覆したいですし、そういう結果を出して見返したい気持ちももちろんあります」


コロンビアの攻略法について、頭の中でイメージはできているようだ。


「自分の左サイドのポジションでいうと、やっぱりサイドバックも高い位置を取りますし、前の選手もそんなに守備をするタイプではないので、そこでコンビネーションだったりとか、こないだのパラグアイ戦みたいにいいコンビネーションで中に入ったり外に出たりというプレーを繰り返してやっていけば、チャンスはあるんじゃないかと思っているので。そういうイメージはハッキリしています。もちろんワールドカップは初めてなので、どういう気持ちで入っていけるかは分からないですけど、もし出たらしっかりとそういういいプレーをしたいという思いはあるので、まずはそこに向かってやっていくしかないかなと思います」


乾はその一方で、プレーしづらいとされるロシアの芝の状態についても言及。ドリブルの際にボールが止まりやすいことを認めつつ、「それと最後のところで蹴るときにボールが動いたりするので、そのへんがちょっと嫌かなという感じはしますね」との感想を述べる。加えて、どうしてそうなるのかとの質問には「(水が)下のほうに溜まって、表面だけカラッとしていて滑らない感じですね。それが試合会場でもそうなのかを確かめなければいけないかなと思いますけど」と話した。


乾にとっては初のワールドカップ挑戦だが、その喜びを噛み締めている様子。「今は楽しみでしかない」と語り、次のように続けている。


「30歳になる年齢で初めてというのは、もしかしたら遅いのかもしれないですけど、自分にとってはこれが一番早かったんだと思いますし、実力としてこのタイミングでしか出られなかったんだと思うので。ここで出られることはすごくプラスだと思います。自分にとっては自分の実力をすべて踏まえた上で出られると思っていなかったので、出られることに喜びを感じていますし、選んでもらったぶん、しっかりと返さなければいけないかなと思っています」


記事提供:Goal

シェアする

最新記事