ポーランド代表がスタメン5人を変更!不発のエース、レバンドフスキは先発へ【ロシアW杯】

ポーランド代表がスタメン5人を変更!不発のエース、レバンドフスキは先発へ【ロシアW杯】

2018.6.28 ・ 日本代表

シェアする

 6月28日にロシアのヴォルゴグラード・アレーナで23時(日本時間)にキックオフされる日本対ポーランドのスタメンが発表された。

 

 ポーランド代表は第2戦のコロンビア戦からGKを含めてスタメン5人を代えたが、エースのロベルト・レバンドフスキは先発。また、肩の負傷で初戦を欠場し、第2戦の80分から途中出場したカミル・グリクがスターターに名を連ねている。

 

 日本はこのポーランド戦に引き分け以上でグループリーグ突破が決まる。一方のポーランドはすでに敗退が決定しているため、いわゆる消化試合だ。とはいえ、レバンドフスキは「メンツを守るための試合」と日本戦に向けて闘志を燃やしている。このストライカーは、ここまで2試合で無得点。不発で大会を終えるつもりはなく、意地の1点、1勝を狙ってくるだろう。

 

 ポーランド代表のスタメンは以下のとおり。

 

【スタメン】

GK

22 ウカシュ・ファビアンスキ

 

DF

3 アルトゥール・イェンジェイチク

5 ヤン・ベドナレク

15 カミル・グリク

18 バルトシュ・ベレシンスキ

 

MF

6 ヤチェク・グラルスキ

10 グジェコシュ・クリホビアク

11 カミル・グロシツキ

19 ピオトル・ジエリンスキ

21 ラファウ・クルザワ


FW

9 ロベルト・レバンドフスキ

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事