ベルギーFWメルテンス、日本を過小評価せず「僕たちの最後の試合になるかもしれない」

ベルギーFWメルテンス、日本を過小評価せず「僕たちの最後の試合になるかもしれない」

2018.7.1 ・ 日本代表

シェアする

ベルギーFWドリース・メルテンスは、ロシア・ワールドカップ決勝トーナメント1回戦で対戦する日本への警戒感を表している。スペイン『EFE』通信が伝えた。


準々決勝進出の大本命と目されているベルギーだが、メルテンスはチームに慢心がないことを強調。6月30日に行われた記者会見で、次のようにコメントしている。


「この日本戦が、僕たちにとって今大会最後の試合になるかもしれない。チームにはそうした意識がある。日本を過小評価してはならない」


「良い試合になり、僕たちが勝つことを望んでいる。でも、日本がタフなグループであることを忘れてはならない。彼らはコロンビアを破り、ポーランドを敗退に追いやったんだ。いずれにしても、僕たちは懸命に働いてきたし、勝利への自信を持っている」




記事提供:Goal

シェアする

最新記事