「彼らを誇りに思う」 元デンマーク代表GKのシュマイケル、激闘を終えた母国と息子を称賛!【ロシアW杯】

「彼らを誇りに思う」 元デンマーク代表GKのシュマイケル、激闘を終えた母国と息子を称賛!【ロシアW杯】

2018.7.3 ・ 日本代表

シェアする

 開始4分で互いに1点ずつを奪い合い、延長戦を経て、PK戦にまでもつれ込んだクロアチア対デンマーク。ギリギリの攻防が続いたが、トータルスコア1-1、PK3-2でクロアチアが勝利を収めた。


 ところが意外にも、FIFAがこの試合のベストプレーヤーとして認定したのは、敗北したデンマークの守護神、キャスパー・シュマイケルだった。延長戦でルカ・モドリッチのPKを止め、窮地のデンマークを救ったプレーや、PK戦で2本を阻止したことなどが評価されての受賞だ。


 これについてシュマイケルは、「妙な気分だ。(敗退には)失望しているが、自分たちのパフォーマンスには誇りを持っている。後半は、より良いチームだったと思う。今ここですべての感情を言葉にするのは、とても難しい」と語っている。


 そんな守護神の姿をスタンドから見守っていたのは、デンマークで”伝説的GK”と名高いペーター・シュマイケル。キャスパーの父親であり、90年代にマンチェスター・ユナイテッドで活躍し、W杯フランス大会(98年)に正GKとして出場。母国のベスト8進出に貢献した。


 つまり、デンマーク代表チームにとっては、今大会、20年ぶりに”シュマイケル”が帰ってきたということになる。


 親子二代で、しかも同じポジションでワールドカップの舞台に立つという例は、歴史的にも決して多くない。

 ペーターは今大会、初戦からデンマーク代表の試合を観戦しており、息子が活躍するたび、喜びを露わにする姿がテレビカメラに度々捉えられていた。特に、クロアチア戦でモドリッチのPKを止めたシーンでは、椅子から飛び上がってガッツポーズを決め、非常に興奮している様子だった。


 結果的にデンマークは敗北したものの、ペーターは息子や後輩たちに最後まで惜しみない拍手を送った。そして翌日、自身のツイッターでこう語っている。


「なんと言えばいいのだろう。私は、母国デンマークのこと、息子のこと、彼の素晴らしいチームメイトとそのスタッフ、そして素晴らしい代表監督であるオーゲ・ハレイデを誇らずにはいられない。すべての涙が枯れ果てたときに、我々はどれだけうまくやれていたのか、気づくことになるだろう」


 こうしたふたりの”親子愛”に感銘を受けたファンからは、「シュマイケル親子はデンマークの誇り」「2世代にわたって代表GKとして出場。誰にも真似できないことだ」「お互いをリスペクトする姿に感動した」など、絶賛する声が後を絶たない。


 英公共放送の『BBC』は、「親子二代で夢を叶えたふたりの姿は、世界中のフットボールファンの家族や敗退したチームに、勇気を与えたに違いない」と称えている。

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事