「間接比較は限界」「アジアカップが”ビッグバン”だ」韓国メディアも森保ジャパンに大注目!来年1月に日韓戦が実現すれば…

「間接比較は限界」「アジアカップが”ビッグバン”だ」韓国メディアも森保ジャパンに大注目!来年1月に日韓戦が実現すれば…

2018.10.17 ・ 日本代表

シェアする

 日本代表は10月16日にホームでウルグアイと親善試合を行ない、4-3で勝利した。この結果は、韓国でも報じられている。

 

「サッカー日本代表、ウルグアイを制圧…ワールドカップ後3連勝」(『韓国経済』)

「若い日本は強かった…ウルグアイに4-3で勝利」(『SPOTVNEWS』)

「韓国に続き日本に“4ゴール”を奪われ敗れたウルグアイ…“22年ぶりに負けた”」(『Insight』)

 

 韓国が12日にウルグアイとホームで対戦して2-1で勝利したなか、もともと日本対ウルグアイ戦への関心もあったが、試合内容を詳しく紹介するメディアも多い。

 

「“ゴールの夕立”日本、ウルグアイを4-3で制圧“森保の新たな歴史”」と題した『スポーツ朝鮮』の記事は、客観的な戦力ではウルグアイが圧倒的に勝っていたと前置きしつつ、両チームが点を取り合った試合展開を紹介。ウルグアイも退かなかったが、日本の攻撃は簡単には止められなかったとして、「日本は鋭い攻撃力を誇り、にっこりと笑った。ホームで大魚・ウルグアイを釣り上げて希望をつないだ」と伝えた。

  日本選手の活躍に注目するメディアもあった。

 この日2得点を挙げた南野拓実を取り上げたのは、『スポーツトゥデイ』だ。「ウルグアイを撃破した日本の解決師“ファン・ヒチャンの元同僚”南野拓実」とヘッドラインを置いた記事は、南野の10分の先制ゴールと66分のダメ押し弾を振り返り、「南野の足が爆発した」「ウルグアイに勝利した日本の先鋒には南野がいた」と綴った。

 

 また、『MKスポーツ』は、「U-23アジア選手権MVP、欧州へ行き跳躍」と題し、2アシストを記録した中島翔哉にスポットライトを当てた。記事は、ウルグアイ戦で先制ゴールをアシストするなど活躍した中島を、「単にチームメイトにチャンスを作るというレベルを超え、相手守備を一発で無力化させるスルーパスの才能がすごい」と評価。「(ウルグアイ戦は)中島がアジア屈指の有望株と評価された潜在能力を表出していることを世界に知らしめた試合だった」と報じている。

 

 そんな韓国メディアの報道のなかでも特に目立っているのは、日本と韓国を比較する記事だ。

  というのも、韓国は同日、日本が3-0で完勝したパナマとホームで対戦し、2-2で引き分けている。10月に同じ相手と対戦した戦績(日本2勝、韓国1勝1分け)で日本を下回ったなか、日本と韓国の戦いぶりを比較するメディアもあるのだ。

 

 例えば、「ベント号、“4戦無敗”よりも日本のウルグアイ戦勝利が重い理由」とした『OSEN』の記事は、韓国はパナマと引き分けたが、ロシア・ワールドカップ後の親善試合4試合で一度も敗れていない(2勝2分け)としたうえで、「しかし、日本対ウルグアイ戦の結果を見ると、そんな慰めも残念に思えてくる」と報道。「内心では、ウルグアイが日本を相手にその威容を示すと期待していた。逆に韓国は日本に0-3で敗れたパナマに軽く勝利できると思っていた」としながら、「だが結果は予想通りにならず、韓国はパナマと引き分け。日本はウルグアイを破り、試合内容でもウルグアイを圧倒していた」として、韓国のウルグアイ戦の勝利も、もう一度見直さなければならなくなったとした。

 「ワールドカップからウルグアイ戦まで…韓国・日本、競争するように上昇カーブ」と報じたのは『スポーツ・ソウル』だ。記事は、強豪国と対等に戦った日本と韓国がアジアトップの面目を保ったとしながら、「両チームの9~10月の試合結果は日本が少し上回っている。だが、スコアを見て間接比較することには限界がある。結局は間接比較ではなく、いつかは90分間互いのゴールを狙い戦う日が来るだろう」として、次のように綴っている。

 

「両国のサッカーファンも海外組まで揃えた韓日戦がどんな結果になるか気になっている。ベストメンバーで激突したのは2011年8月に日本で行なわれた親善試合が最後だ。だからこそ、来年1月のアジアカップに注目が集まる。アジアカップで韓日戦が行なわれれば、上昇気流に乗る両チームの対決はまさに“ビッグバン”となる」

 

 森保監督就任後、3連勝を飾った日本。3か月後にアジアカップを控えるなか、その戦いには韓国も注目せずにはいられないようだ。

 

文●李仁守(ピッチコミュニケーションズ)


参照元:『スポーツ・ソウル』



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事