久保建英らタレント揃いのU-19代表が今夜アジア予選へ!北朝鮮、タイ、イラクと同居する"死の組"を勝ち抜けるのか

久保建英らタレント揃いのU-19代表が今夜アジア予選へ!北朝鮮、タイ、イラクと同居する"死の組"を勝ち抜けるのか

2018.10.19 ・ 日本代表

シェアする

 日本時間10月19日21時から、U-19日本代表のアジアでの「戦い」U-19アジア選手権が始まる。アジアに与えられる4枠のU-20ワールドカップ出場権を懸けて16か国が競い合う争覇戦が始まる。

 

 おそらくクリーンに美しく勝ち切る試合ばかりは望めないだろう。日本に対しては日本対策を練ってくるチームが多数派になるはずだ。先日のA代表のウルグアイ戦のように、気持ち良く殴り合うことができなくなるのがアジアの常。初戦の北朝鮮戦から「球際はガツガツくるだろうし、多少荒いことをしてくることかもしれない」(橋岡大樹/DF)という試合になることは想像に難くない。

 

 当然、ガツガツ“だけ”になってしまっては困るのだが、相手のそうした土俵でも負けない逞しさが求められるのはまず大前提と言える。

 

 とはいえ、相手の土俵で振り回されてしまうようでは本末転倒。橋岡は「罠にハマらないようにしたい」と強調したように、変な“お付き合い”のサッカーにはならないようにしておく必要がある。影山雅永監督率いるチームのベースとなるのは、あくまで後方からビルドアップしてゴールを狙っていくスタイル。試合の主導権を握りつつ、ゲームを制することを目指すのも外せない要素となる。

  事前のトレーニングキャンプでは相手の守り方によって組み立てに際しての人の配置やボールの動かし方にアレンジを加える戦術的なバリエーション習得にも時間を割いてきた。北朝鮮が前から激しくプレスをかけてくるのか、あるいは極端に守りを固める守備的戦術を採用してくるのかは不透明ながら、「どういうやり方が来ても問題ないようにしておく」(影山監督)準備の成果が問われることとなる。

 

「準備」と言えば、そもそも「準備不足」の印象も否めないのが今回のU-19代表だ。昨年はU-17ワールドカップに参加していた年下の選手たちが基本的に別個に活動しており、今年に入ってからはJリーグへ日常的に出ている選手たちをなかなか招集することができなかった。このため、ベストメンバーが揃ったのは大会直前が初めてのこと。まだまだ完成度やコンビネーションという部分で不十分な部分があるのは仕方ない部分もあり、大会を戦いながらチームを成熟させていくようなチームビルディングも必要になってくるはずだ。

 

 そしてこのチームビルディングの部分は影山監督も重視し、得意としてきた分野である。ファジアーノ岡山監督時代にはシーズン前に無人島合宿を行なうといった型破りの方法でチームの団結心や個人のメンタリティを養っていたが、今回も大会直前という時期ながら、日本の国内合宿で丸一日を割いてASE(Action Socialization Experience)プログラムを実施した。

 

 これは一人では解決できない困難な課題をグループで突破していく経験を繰り返していくアクティビティ。その効果については「サッカーの試合に応用できそうな要素もたくさんあって、一気に(緊張も)ほぐれました」とDF菅原由勢が言えば、MF郷家友太も「チームの輪を強めることができたと思う」と言う。影山監督は「貴重な合宿の一日を使うことに賛否あるとは思う」と前置きしつつ、「でもやっぱりやってよかった」と総括。チームの雰囲気を一気に良化できたという手ごたえがあったようだ。

  雰囲気については決戦を前日に控えた時点でFW田川亨介も「すごくいいです」と前向きにコメント。練習中も活発に声が出ており、この点ではぶっつけ本番の部分があったチーム状態について心理的な部分でも前進しているのが感じられた。

 

 橋岡が「去年出場するまで10年(世界大会の)出場権を獲れていなかった大会なのだから、簡単でないのは分かっている」と語っていたとおり、アジアの壁は決して薄いものではない。ただ、U-19日本代表にはその壁をぶち壊すパワーもあれば、上からくぐってもいく智恵もあり、横から大回りしていく持久力だって備わっている。それぞれの武器を使いつつ、一致団結で壁をぶち抜き、世界に羽ばたくチャンスを手に入れるのみだ。

 

取材・文●川端暁彦(フリーライター)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事