久保建英、停滞感を打破するスーパーFK弾は「狙ったコースに入った」

久保建英、停滞感を打破するスーパーFK弾は「狙ったコースに入った」

2018.10.19 ・ 日本代表

シェアする

 殊勲の一発はイメージ通りの軌道でネットを揺すった。


 インドネシアで開催されているU-19アジア選手権は10月19日、グループリーグ第1戦の日本対北朝鮮が行なわれ、日本は5対2で白星スタートを切った。


 最終的に3点差がついた試合となったが、展開としては決して楽なものではなかった。8分に久保建英のお膳立てから斉藤光毅が先制点。さらに19分にはキャプテンの伊藤洋輝が豪快なミドルで追加点を奪うものの、日本は36分、41分と失点を重ね、2-2の同点で前半を折り返した。


 後半に入ってもチャンスを活かせず、膠着した展開となるなか、日本に待望の勝ち越しゴールをもたらしたのは久保だった。65分、敵陣中央でFKを得ると、約30㍍の距離から左足を一閃。鮮やかな放物線を描いたシュートは、ゴール右隅を射抜いてネットを揺らした。

 

 このゴールが決勝点となって日本は初戦を5-2で制したが、試合後にフラッシュインタビューに応じた久保は「初戦に勝てたことは単なる勝点3じゃないと思うので、そこは非常に安堵しています」と白星スタートに胸をなでおろした。


 さらに、自らのFK弾については「誰かが決めなきゃ勝ち越せないと思っていて、FKになった時にこれはチャンスだなって思った。狙ったコースに入って良かったです」と、やや遠めの位置からのFKながら、狙い通りのコースに打ち込めたことを喜んだ。


「次も勝点3をとって、できるだけ早くグループリーグ突破を決めたい」と意気込みを語った久保。初戦から眩いばかりの輝きを放った17歳には、今後もますます注目が集まりそうだ。


 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事