控えメンバー中心のU-19日本代表がイラクを一蹴、U-20W杯出場権獲得に向けて盤石ぶりをアピール

控えメンバー中心のU-19日本代表がイラクを一蹴、U-20W杯出場権獲得に向けて盤石ぶりをアピール

2018.10.26 ・ 日本代表

シェアする

日本時間25日、AFC U-19選手権グループBの第3戦が行われ、日本はイラクと対戦。滝裕太の先制点を皮切りにゴールラッシュとなり、5-0と大勝を飾った。


すでにグループステージの1位通過が決まっている日本は、この試合にここまで出場機会のなかった選手たちを大量に起用した。GKには大迫敬介、DFには石原広教、瀬古歩夢、小林友希、荻原拓也、中盤には藤本寛也、山田康太、滝、久保建英が入り、前線では田川亨介と原大智が2トップを組んだ。大迫、小林、荻原、山田、滝、原の6選手が今大会初先発となった。


やや緊張も観られる日本は開始3分にいきなりイラクに決定機を作られてしまうが、ここは「ボールを持っていた選手も、パスを受けてシュートを打った選手もしっかり見えていた」と言うGK大迫がビッグセーブ。相手に流れを渡さない。逆に11分、久保のドリブル突破からの折り返しを滝が押し込んで先制点を奪う。日本はこれが1本目のシュートだった。


日本は28分にも左サイドを突破した荻原のグラウンダーのクロスを久保がスルーしたところから田川が右足シュートを突き刺して2点目のゴール。さらに34分にも石原が斜めに入れた縦パスを田川がスルーし、その後方でパスを受けた原がミドルシュートを流し込んで、3-0とリードを広げた。


後半に入ると、日本は早めに交代カードを切りつつ、無理はせずにじっくり構えて守りながら、イラクの隙を待つ余裕を持っての試合運び。これは「1試合目と2試合目を受けて、全部が全部プレッシングには行けないし、かといってブロックを作りながら裏を取られるようでもいけない」(影山監督)という中で戦術的に修正してきた成果だった。


78分には途中出場のFW斉藤光毅のCKから原が頭で合わせてこの日2点目のゴールを突き刺し、85分には荻原のスルーパスを受けた斉藤も決めて、5-0。斉藤はこれで3試合連続ゴールとなり、日本のゴーラッシュを締めくくった。


影山監督は「(試合に出られていなかった選手は)いろいろ複雑な胸中もあったと思うし、『この野郎!』とそういう気持ちがなかったらウソになると思う。でもそれを押し殺しながらチームのために献身的に戦ってくれた結果だと思う」と、ここまで出番を得られていなかった選手たちの奮起を勝因として挙げた。


出番の少なかった選手たちがしっかり結果を出したことで「誰を使うのか、うれしい悲鳴ですよ」と笑った指揮官は「われわれはまだ何も為し遂げていない」と勝って兜の緒を引き締めるのも忘れなかった。地元インドネシアと、世界大会出場権を懸けての対戦となる準々決勝は、日本時間28日(日)21時25分からCSテレ朝チャンネル2で生中継される。


写真提供:getty images

シェアする

最新記事