来年のU-20W杯出場権獲得!U-19日本代表、6万人超の完全アウェイ&豪雨の中でインドネシアを完封

来年のU-20W杯出場権獲得!U-19日本代表、6万人超の完全アウェイ&豪雨の中でインドネシアを完封

2018.10.29 ・ 日本代表

シェアする

日本時間28日、AFC U-19選手権の準々決勝が開催され、日本は開催国のインドネシアと対戦。DF東俊希、FW宮代大聖の得点で2-0と勝ち切ってベスト4進出を果たすとともに、来年のU-20ワールドカップ出場権を確保した。


この大一番、日本の先発メンバーはGKに谷晃生、DFに右から菅原由勢、橋岡大樹、小林友希、東俊希、中盤の中央に齊藤未月と伊藤洋輝、前に藤本寛也と安部裕葵、最前線に久保建英と宮代大聖というラインナップで臨んだ。


地元のインドネシアが相手ということで6万人を超える観衆が詰め掛け、スタンドから猛烈なプレッシャーを受ける中、試合は一進一退の戦いとなる。ボール支配率では日本が大きく上回っているものの、引いて守る形で日本に対応してきたインドネシアも鋭いカウンター攻撃を繰り出しながら粘り強く応戦し、息詰まる攻防戦が展開されることとなった。


日本は15分に藤本が負傷交代するアクシデントに見舞われたが、代わりに入った斉藤光毅も奮戦し、徐々にインドネシアを深い位置まで押し込む時間が増えていく。そして迎えた40分、伊藤のパスを受けた東がゴールまで30メートル近い距離から東が得意の左足でミドルシュート。これがファーサイドへと突き刺さるスーパーゴールとなり、日本が大事な先制点を奪い取った。


日本は後半、ハーフタイムから猛烈に強まった雨との戦いも強いられることとなる。ただ、「うまくやろうとかじゃなくて、これは我慢の試合なんだとみんなで共有できていた」(MF安部裕葵)が大きかった。難しい時間も隠忍自重しながら時計の針を進め、粘り強く戦い続けた。


そして迎えた71分には、カウンターの流れから宮代が久保に展開。これを受けた久保が持ち込んでのラストパスを宮代が合わせてゴールを奪い取る。「最後は気持ちだと思っていた」というストライカーの少々泥臭い得点はまさに値千金。難しい流れになっていた試合の天秤を一気に傾けた。


ここからは前掛かりになる相手に対して、あえて相手を引き込んで裏を狙う展開に持ち込む。「それで3-0にできれば理想的だった」と伊藤が振り返ったように、交代出場の快足FW田川亨介の特長も活かしながらの攻めは機能していたのだが、決定力を欠いて追加点は奪えず。ただ、後方の選手たちは最後まで乱れることなく戦い抜き、猛烈な攻勢をかけてきたホスト国を完封してみせた。


試合後、影山監督は「ある意味で内容よりも結果にある程度針を振った試合で、そこを選手たちも理解してやってくれた。天候も天候でしたから、普通だったらそこで蹴り出したら『何だよ』となるところでも、あえてゲームを切って守備をするとか、こういうゲームだからこそ必要なことを、みんながやってくれた結果ではないか」と振り返った。


アジア連覇に向けての戦いとなる準決勝の模様は、日本時間11月1日(木)21時25分からCSテレ朝チャンネル2で生中継される。


シェアする

最新記事