U-21伊藤達哉がアピール宣言! 堂安らA代表若手の活躍に「尊敬するけどライバル」と闘争心

U-21伊藤達哉がアピール宣言! 堂安らA代表若手の活躍に「尊敬するけどライバル」と闘争心

2018.11.15 ・ 日本代表

シェアする

[ドバイカップ]U-21日本代表2-2U-21ウズベキスタン/11月14日/UAE


 A代表との兼ね合いで森保一監督が不在の中、代わって指揮を務めた横内昭展監督が「この試合は絶対に落とせない」と位置付けたウズベキスタン戦。3月のパラグアイ遠征以来、久々にU-21日本代表としてピッチに立った伊藤達哉は、持ち前のドリブルを活かして存在感を発揮した。

 

 ただ、試合後の伊藤からは手応えとともに反省の言葉が聞かれた。パラグアイ遠征の時よりは「改善できた」と語る一方で、「もう少し違いを出せたと思う」と自分のプレーに満足していないことを明かしている。

 

「前回パラグアイ戦に初めて呼んでもらって、その時に3バックのシステムの2シャドーをやらせてもらった。今日はそのポジションで自分のプレーをどう出すかというところで、少しは出せたと思っている。ただ、本当はボールにもっと絡んでいたかったので、そこは今後の大きな課題ですね」

 

 伊藤の考える課題の改善には、もう少し時間をかける必要がある。所属するハンブルガーSVでは4-1-4-1システムの左サイドで起用されることが多いが、代表のシステムやポジションは全く異なる。

  ウズベキスタン戦では「ボールが入って前を向けた時には良さを出している」と横内監督代行が評価するように、ボールが足下にある状態では違いを生み出すことができた。ただ、ボールを引き出したり、どこでボールを受けたりするかは、まだぎこちなさが残る。サイドから仕掛けるドリブルが特徴としてある中で、今回の試合で何度か見せたように、いかに自分の間合いで相手と対峙する場面を作れるか。それは今後の鍵となるだろう。そのことを理解した上で、伊藤は「口でいろいろ話すよりも、数をこなしてコンビネーションを上げていくのが一番手っ取り早い」と前を向いている。

 

「やっぱりこのフォーメーションは自分がクラブで普段やっているポジションがない。ただ、このフォーメーションだから出せる良さもあると思う。もうやっていくしかないなと。頭でこうしたほうがいいかなというのは、なんとなくあるけど、やっぱりプレーで経験していかないと身についていかない。自分としてもこのフォーメーションでまた成長できると思うし、それがチームを助けることにもなると思う」

  A代表では一個下の堂安ら同ポジションの選手たちの活躍に「やっぱり思うところはあった。もちろん尊敬しているけど、ライバルだと思っている」と刺激を受けている。それでも今は「この世代が僕のメインの世代」。ここでどれだけ自分を表現できるかが、今後の歩みにもつながっていく。

 

「ボールをもらった時に一人で前に運べることは、自分があのポジションで出せる強み。もっとゴールに絡めるような、直結するようなプレーを出せればと思っている」

 

 東京五輪に向けた選手たちのサバイバルが続く中で、このドバイ遠征でどれだけ違いを見せることができるのか。残り2試合、限られた時間の中で伊藤達哉はさらなるアピールに燃えている。

 

取材・文●林遼平(フリーライター)

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事