【U-17女子W杯】日本、メキシコに1-1ドローもGL首位で決勝T進出!! 2大会ぶりの優勝へ、一歩前進!

【U-17女子W杯】日本、メキシコに1-1ドローもGL首位で決勝T進出!! 2大会ぶりの優勝へ、一歩前進!

2018.11.21 ・ 日本代表

シェアする

 U-17女子ワールドカップに参戦中のU-17女子日本代表(リトルなでしこ)は現地時間の11月20日、グループリーグ第3節・メキシコ戦に臨み、1-1のドロー決着となったもののグループリーグ首位で決勝トーナメント進出を決めた。

 

 2大会ぶりの優勝を目指す日本は、立ち上がりからメキシコの激しいプレスに苦しみ、思うようにパスがつながらない。しかし迎えた40分に、敵陣で奪ったボールを右サイドから木下桃香がスピードに乗ったドリブルでペナルティエリア手前中央まで単独で運び、左足を一閃。メキシコの不意を衝くシュートが決まり、貴重な先制点を奪う。前半は、日本がこのまま1点リードで折り返した。

 

 先手を奪った日本だったが、後半に入り攻勢を強めてきたメキシコに隙を突かれ、63分に失点。試合を振り出しに戻されると、その後は勝ち越しゴールを挙げられず、このまま試合終了。

 

 グループBの日本は1勝2分けの勝点5でメキシコと並ぶも、得失点差で上回り、グループリーグを首位通過。6大会連続での決勝トーナメント進出となった日本は24日、1回戦でグループA2位と対戦する。

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事