ドログバが日本戦での「骨折騒動」を語る――コートジボワールの英雄を蘇らせたのは偉人からの電話だった【独占】

ドログバが日本戦での「骨折騒動」を語る――コートジボワールの英雄を蘇らせたのは偉人からの電話だった【独占】

2018.12.5 ・ 日本代表

シェアする

 味方からのパスを柔らかいボールタッチで足下に収めたかと思えば、力強いドリブルでマーカーを引き剥がし、あっという間にゴールを射止める。まさに「柔」と「剛」を兼ね備えたストライカー、それこそがディディエ・ドログバだった。


 2006年ドイツ大会でコートジボワールを初のワールドカップに導き、母国の英雄となったドログバは、クラブでも数々の功績を残した。とくに今も伝説的に語られているのは、2011-12 シーズンにチェルシーで成し遂げたチャンピオンズ・リーグ(CL)制覇だ。


 在籍9年目、すでに34歳と選手として円熟期を迎えていたドログバは、ミュンヘンのアリアンツ・アレーナで行なわれたバイエルン戦に臨み、83分にトーマス・ミュラーの先制弾を浴びて万事休すかと思われた88分に値千金の同点弾を決め、チームを死地から救い出したのである。


 そして、延長戦の末に迎えたPK戦でラストキッカーを務めたドログバは、名手マヌエル・ノイアーを相手にした緊張の場面、ドイツ代表守護神の逆を突いてゴール左下隅へ蹴り込み、チェルシーに史上初の欧州戴冠をもたらした。


 そんなブルーズ(チェルシーの愛称)のレジェンドに、今回、話を聞く機会を得た。チェルシーとパートナーシップ契約を結んでいる横浜ゴムのグローバルアンバサダーとして、イベントに出演するために緊急来日していたからだ。

 取材前日に日本に到着したというドログバは、すでにいくつかのインタビューを終え、少しばかり疲労の色を見せながらも、わざと大袈裟に疲れたリアクションを見せて「問題ないよ」とおどけて場を和ます気遣いっぷり。その筋骨隆々な見た目とは裏腹に、気さくな一面も持ち合わせている点が、多くの人々から愛されたのだろう。


 ドログバは過去に二度、日本代表と戦っている。一度目は、2010年6月4日、南アフリカ・ワールドカップの開幕を直前にした強化試合。そして二度目は、2014年6月15日に行なわれたブラジル・ワールドカップのグループリーグ初戦だ。


 その2試合でのドログバの出場時間は47分と、決して長くはない。その中で日本のサッカーファンの脳裏に残っているのは、初対戦となったスイス南部の街シオンでの一戦、アクシデントに見舞われた瞬間だろう。


 この時、コートジボワールの唯一無二のエースとして君臨し、キャプテンマークを巻いて先発出場していたドログバは、日本の守備陣からは最も危険なプレーヤーとして序盤から激しいマークに晒されていた。そして、それが起きたのは15分のことだった。


 ドログバがピッチ中央付近で前を向き、ボールを浮かして突破を図った瞬間、勢いよく飛び出してきた田中マルクス闘莉王の右膝が激突。右腕を押さえて、その場でうずくまったドログバは、そのままピッチを去ったのである。


 検査結果は、右肘の骨折。競り合いの場面で起きた出来事で、不可抗力ではあったが、南アフリカ大会の初戦となるポルトガル戦を11日後に控えたなかで、悔やんでも悔やみきれない負傷だった。 果たしてこの時、ドログバ本人はいかなる思いを抱いていたのか? 素直に聞いてみると、負傷直後の緊急手術で入れたメスの痕を「ほら、これだよ」と見せ、当時のエピソードを交えつつ語ってくれた。


「本当に悲しかったね。アフリカでの最初のワールドカップで、何が何でもプレーしたいって思っていたんだけど、開幕の11日前に怪我をしてしまったからね。とにかく痛かった。担当のドクターには、『骨折をしているけど、何とかプレーできないか?』ってお願いしたけど、ちょっと腕を下ろしただけでも、凄く痛かった。だから最初は諦めていた。


 けど、そのドクターが懸命に手当てをしてくれて、7日後にはトレーニングを再開し、実際にアフリカでの最初のワールドカップに出場できた。それは僕にとって、最高の思い出さ」


 そう、この男は骨折が完治していない状態で、直後のワールドカップ全3試合に出場したのである。しかも、そのうち2試合でフル出場を果たし、ブラジル代表とのグループリーグ2戦目では、同大会でチーム唯一となるゴールを決めてみせた。

 手負いの状態でのプレーは、いくら腕利きのドクターがサポートしていたとはいえ、容易なことではない。聞けばこの時、折れかけた心をかき立てたのは、とある大物からの電話だったという。


「骨折をしてから3日目、南アフリカから電話があった。出ると、『腕の調子はどうだ? 君は絶対に出場しなければいけないよ』って言われたんだ。誰だろうと思ったら、その声の主は、あのネルソン・マンデラだったんだよ。その時はさすがに驚いたね」


 南アフリカで長く続いた人種隔離政策「アパルトヘイト」に反対する闘争活動や格差是正、経済対策に尽力した世界的な政治家で、アフリカ初のワールドカップ開催招致に多大なる貢献をし、2013年12月5日にこの世を去るまで、人種の壁と戦った“偉人”からの言葉に、ドログバは奮い立った。


「彼をはじめとする多くの人たちからの励ましは、自分を奮い立たせる動機になった。怪我を押しての出場は、キャリアを考えれば、かなりリスキーだったけど、出たことは間違っていなかったと思っているよ」 キャリアで最大とも言うべき怪我を負った一戦から約8年の時が流れ、その間に数々の栄光を手にしてきたドログバは、この取材の5日前に自身のSNS、で「これまでに出会い、僕のキャリアを唯一無二のものにしてくれたすべての選手、監督、チーム、ファンに感謝したい」と綴って、現役引退を発表した。


 そんなドログバに、筆者は聞きたいことがあった。それは、現在、プレミアリーグでプレーしている二人の日本人ストライカー、岡崎慎司(レスター)と武藤嘉紀(ニューカッスル)についてだ。


 今シーズンは両選手とも、出場機会に恵まれず苦しんでいる感が否めないが、それでもプレミアリーグで2度の得点王(2006-07、2009-10)を獲得したストライカーは、「問題ないんじゃないかな?」と分析する。

「選手として成長するためには、最高の選手、最高のチームが揃ったリーグでプレーすることが一番の鍵になる。彼らはすでに競争力が激しく、世界最高のストライカーが揃っているリーグにいるわけだから問題ないと思うよ」


 かつて自身が活躍したプレミアで、悪戦苦闘する日本人ストライカーへアドバイスを送ったアフリカ・サッカー史上最強の点取り屋は、日本サッカーへのリスペクトも示してくれた。


「クオリティーの高い選手で構成されていて、パスを多用し、スピードに優れたプレーをする印象があるし、非常に魅力的な試合をすると思っている。だからこそ、イニエスタやポドルスキ、トーレスが日本のリーグでやっているんだと思う。


 それに過去にはジーコもプレーし、良い思い出があると語っていたよね。そうやって、ワールドカップの経験者が日本のリーグに来て実際にプレーすることで、リーグのレベルがますます上がるだろうし、今後の発展に繋がるのだと思うよ」


 取材の終盤にドログバは、「トーレスとは、たまにだけど連絡を取っているよ。こないだも良いゴールを決めていたよね?」と、チェルシー時代の同僚の最新ゴールシーンを回想し、日本への興味を示してもいた。


 その数々の言葉を耳にし、もしドログバがまだ現役を続けていていたならば、多く大物選手が移籍するようになった近年のJリーグで、彼自身もプレーしていたかもしれないとの、空想を抱かずにはいられなかった。


取材・文●羽澄凜太郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事