苦悩のバイエルン、ブレーメン戦でのなりふり構わぬ勝利からいかなる変化を遂げるか!? 【現地発】

苦悩のバイエルン、ブレーメン戦でのなりふり構わぬ勝利からいかなる変化を遂げるか!? 【現地発】

2018.12.7 ・ 日本代表

シェアする

 ブンデスリーガ第13節ブレーメン戦の33分、大迫勇也に同点ゴールを許した瞬間、バイエルン監督ニコ・コバチは怒りを露わにして、「なぜクリアしないんだ!」と、強烈なジェスチャーをまじえながらピッチに向かって吠えていた。

 

 またなのか。なぜ、同じようなミスをしてしまうんだ――。

 

 コバチの胸中は、幾つもの「なぜ」で埋め尽くされていたことだろう。 

 左サイドからマックス・クルゼが右足で入れたクロスに対し、ゴール前でジェローム・ボアテングとマヌエル・ノイアーの意思の疎通が乱れてしまう。どちらも中途半端にボールへアプローチするかたちとなり、そのあいだにうまく入り込んだ大迫が、ヘディングシュートでゴールネットを揺らした。

 

 ホームのブレーメン・ファンが立ち上がって大喜びしているあいだ、バイエルン・ファンは唇を噛んで、不安を抱いていた。

 

 今日もまた、嫌な展開になるのだろうか? あの強かったバイエルンは、どこに行ったのだろう……。

 

 ブレーメン戦まで、バイエルンはブンデスリーガで3試合連続勝ち星なし。ドルトムントに2-3で敗れた試合(11節)は関しては、まだ内容も良かったし、相手は現在首位に立つチームだった点も考慮できる。

 

 だが、フライブルク(10節)、デュッセルドルフ(12節)に引き分けた試合は、どちらも酷かった。特に後者の、3-1とリードを奪いながらも、終盤、あまりにシンプルな縦1本のカウンターから2失点というのは、とてもリーグ6連覇中のクラブの姿とは思えなかった。

 

 観客席で試合を観戦していたウリ・ヘーネス会長は、あまりのショックに顔が硬直していた。試合後には記者に対し、「最初の失点シーンは、コメディ映画のようだった。あれはない」と心情を吐露している。

 

 そして、敵将フリードヘルム・フンケルまでもが、「2失点目のシーンで、ボアテングがオフサイドをアピールして立ち止まったのは、ドラマティックだったとさえ言わざるを得ない」と語っている。

 

 一方でコバチ監督は、「私が心中でどう感じているか、想像できるはずだ。失点シーンをもう一度見た。またしても、個人的なミスから生まれてしまった。世界中のどんな監督でも、防ぐことはできない」 と声を荒げていた。

 

 ドイツ・メディアはこぞって、多くの選手から反コバチの声が上がっていると、騒動を煽る。『Bild(ビルト)』紙は、後任監督候補にアーセン・ヴェンゲルの名前が挙がっていると報じた。

 

 おそらく、チャンピオンズ・リーグのベンフィカ戦、そしてブレーメン戦に敗れることがあったら、コバチのバイエルン挑戦は終幕を迎えていたことだろう。

 

 もっとも、クラブが立て直しのために何もしなかったわけではない。11月27日のベンフィカ戦を前に、ヘーネス会長と代表取締役のカール=ハインツ・ルムメニゲは、コバチ監督の他、ノイアー、トーマス・ミュラー、フランク・リベリ、ロベルト・レバンドフスキと話し合いを行なった。

 

 うまくいかない時に不満が生じるのは当然だ。それをどのように消化し、どのように解決策を見出していくのか。勝手に全てが、暗黙の了解でうまくいくわけではない。 アリエン・ロッベンはベンフィカ戦後、コバチ監督に対して「非常に野心があり、ハードに仕事をする。ただ、はっきりと言わなければならないのは、バイエルンで監督をするというのは、簡単ではないということだ」と理解を示していた。

 

 一方、キャプテンのノイアーはブレーメン戦の後、以下のように語り、チームとしてのあり方を再度アピールしていた。 

「僕らはもちろん、監督のためにも戦っているし、自分たち自身のためにも戦っている。そして、クラブのためにもね。だからこそ、それぞれがベストパフォーマンスを出していけるようにやっていく必要がある。

 

 監督は監督の仕事をして、僕らはそれを実践していく。うまくいかない理由を監督だけのせいにするのは、簡単すぎる。僕らはみんな、一緒の船に乗っているんだ。それぞれが、それぞれの責任を担っていかなければならない」

 

 まずは勝利を重ねていく。規律を持ってプレーをする。そこが、再出発のための大事なポイントだった。

 

 ブレーメン戦では終盤、なりふり構わず勝利を目指すことを厭わなかった。クリアのために遠くへと蹴り出し、時間稼ぎをし、リスクを冒さずにプレーしている。

 

 ミュラーは、「勝点3を取ったことが、非常に大事だ。(上位陣から)これ以上、離されないためにもね。勝つために、どれだけ自分たちが戦ったか見てもらえたと思う。ここ数試合から、ちょっと学んだことだ」と語っていた。

 

 試合から数日後、ファンクラブの会合に出席したルムメニゲ取締役は、非常にポジティブだった。

 

「我々には危機があったが、それももう過ぎたことだ。ブレーメンでは、再びバイエルンらしいプレーを見せられた。多くのゴールチャンスを、もっと得点に結びつけなければならないが、それもいずれ改善されるだろう。ロッカールームにいると、そう感じるんだ。自信と満足感がある。

 

 コバチ監督には、成長していくための時間を与えなければならない。そして、それを我々は与える」

 

 全てがここから好転していくと考えるのは、時期尚早だ。

 

 バイエルンに求められているのは、ただの勝利ではない。美しさ、ダイナミックスさ、柔軟さ、圧倒的な質量……さらには、世代交代も進めていかなければならない。

 

 それでも、0から100まで、急に進んでいけるわけではない。無理に2、3段飛ばしに階段を駆け上がっていこうとして足を踏み外したら、大怪我になる。地道にでも、一段ずつ進んでいくことが大きな進歩に繋がっていくはずである。

 

 おそらく、今はそうした時期なのだ。

 

文:中野 吉之伴

 

【著者プロフィール】

なかの・きちのすけ/1977年7月27日生まれ。秋田県出身。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA−Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2018-19シーズンからは元ブンデスリーガクラブのフライブルガーFCでU16監督を務める。「世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書」(カンゼン)、「ドイツの子どもは審判なしでサッカーをする」(ナツメ社)執筆。オフシーズンには一時帰国して「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事