【セルジオ越後】過保護にされてきた森保ジャパン。公式戦でフタを開けたら「普通のチーム」だった

【セルジオ越後】過保護にされてきた森保ジャパン。公式戦でフタを開けたら「普通のチーム」だった

2019.1.10 ・ 日本代表

シェアする

 アジアカップのグループリーグ初戦は、トルクメニスタンに3-2で勝利したものの、決して王座奪還に向けて明るい展望が開ける内容ではなかったね。

 

 前半はまるで良いところがなかった。攻撃では南野にしても原口にしても、堂安にしても1対1で勝つことができず、相手はボール際での寄せの早さが抜群によかった。局面での攻防でボールを奪われカウンターを食らい、危ない場面が幾度となく続いたね。先制された後に権田のビッグセーブがなかったら、前半で2失点する事態にもなっていた。

 

 それでも後半は、前半飛ばしていた相手の足が止まって日本にもチャンスが生まれた。ゴール前で日本の動きについていけなくなったところで大迫が2点、堂安が1点とあっさり得点が生まれた。ただ、その後がまた良くなかった。

 

 相手が攻めざるを得なくなって放り込み始めたら、日本は途端に苦しい戦いを強いられてPKで失点。その後、何度も危ないシーンを作られた。試合全体を通して見ても、内容的にも、コンディション的にも良くないのは明らかだった。

 

 結局準備してきた割には、それがまだ試合に反映されていないようだった。大会前には怪我人が続出して、おまけに体調不良の選手も出てきたと聞いている。ボランチには本来センターバックの冨安が入っていたけど、彼にとっては代表として勝負するべきポジションではないよね。

  選手たちの話を聞いても、「内容が悪くても初戦で勝点3を獲れたことは良かった」というのは、相手がウズベキスタンなら話は分かるけど、アジアカップ初出場のチーム相手に言うのはちょっと違うんじゃないのかな。「初戦だから難しい」というのも、言い訳に過ぎないよ。確かに、オーストラリアは負けているし、韓国もフィリピン相手に1点しか取れなかった。他のチームを引き合いに出してあれこれ言うのも慰めにはなるけど、自分たちの戦いには関係ないんだ。


 結局、日本はこの試合で、アジアの中でもそこまで圧倒的な存在ではないということを改めて思い知らされたんだ。1試合1試合を抜かりなく真摯に戦っていくことでしか、優勝には近づけないよ。



  森保ジャパンは、これまで何かと持ち上げられ、過保護にされてきたけど、いざ公式戦でふたを開けてみたら、見どころの少ない「普通のチーム」だった。少なくとも僕にはそう見えた。


 堂安も1点は獲ったけど、代表のエースやスターになるにはまだまだ足りない。南野は消えてしまうことが多かったし、2点を獲った大迫にしても、相手がもっと押し上げられるチームだったら、容易には点を獲れなかっただろう。


 2失点とも中盤でのプレッシャーが働いていなかったことを考えれば、急造のボランチコンビも機能していなかったと言わざるを得ない。


 大会直前に離脱した中島がいれば、という議論もあるかもしれないけど、仮に中島がいても南野や堂安が十分に機能していないんだから、彼だって実力を発揮できる保証なんてものはないだろう。

  結局、去年はメディアが騒ぎ過ぎた面もあって、日本の本当の実力はまだまだ未知数だ。攻撃でも守備でも輝けなかった柴崎はこの程度のものなのか、この相手に1点も獲れなかった南野にはもう勢いがないのか、2失点も喫した吉田、槙野のディフェンスラインは大丈夫なのか。本当に実力があるというのなら、アジアカップで優勝して証明してみせるしかないよね。



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画