吉田麻也「そう簡単には勝たせてくれないと、改めて実感している」

吉田麻也「そう簡単には勝たせてくれないと、改めて実感している」

2019.1.10 ・ 日本代表

シェアする

AFCアジアカップ UAE 2019初戦を戦ったサッカー日本代表。トルクメニスタンに先制され、逆転した後も度々カウンターでピンチを作られるなど、勝利はしたものの苦しい試合展開となった。グループリーグで対戦する3チームの中で最も楽な相手と見られていただけに、今後の試合に向けてメンタル面の準備が重要になりそうだ。グループステージ初戦を終えた柴崎岳選手、吉田麻也選手、堂安律選手、長友佑都選手、冨安健洋選手に話を聞いた。


MF 柴崎岳選手

「難しい展開をしっかりとハーフタイムのうちに修正して後半に臨めたこと、その上で試合に勝利できたことは評価できる点だと思います。あってはならないミスもありましたし、相手のクオリティーの部分ももちろんありましたが、防げる点数を与えてしまったことは次の試合へ向けて気を引き締めて、繰り返さないようにしないといけないと思います。」


DF 吉田麻也選手

「(間違いなく今日より良いパフォーマンスをしないといけないですし、チームとしてもっと勢いとインテンシティを持って戦わなければ、そう簡単に勝たせてくれないと今日改めて実感しているので、次で予選突破を決められるようにしたいと思います。」


MF 堂安律選手

「あの位置で受ければ僕のパターンなのでしっかりシュートを打てば入ると思っていましたし、少しラッキーな形でしたけどシュートをするから入ったと思いますし、そういった意識は次も持っていきたいです。ロシアW杯が終わってから本当にこの大会に向けてトレーニングしてきましたし、悔しい思いをしたのでこの大会にぶつけたいと思います。」


DF 長友佑都選手

「やっぱり予想通り厳しい戦いでしたね。アジアカップの洗礼を浴びかけたかなと思いますけど、初戦はこのくらいの方がチーム自体も精神的に引き締まるので次はもっと良くなると思います。」

―冨安選手についてどういった印象を持っているかー

「うらやましいくらいですよ。あれだけの身長があって足元もしっかりしていてボールコントロールもできますし、彼はどんどん伸びていく選手だと思います。」


DF 冨安健洋選手

「周りの選手から『トミ、ボランチやるんじゃない』と言われていましたけど、『ない』と僕の中では思っていたので、実際『本当にやる』と言われた時はビックリした気持ちが大きかったですけど、言われたポジションで100%やるのはプロサッカー選手としてあるべき姿だと思うし、しっかり割り切ってプレイしようとは思っていました。」


AFCアジアカップ UAE 2019

日本代表 vs オマーン代表

1月13日(日)22時30分キックオフ(予定)

テレビ朝日系列/NHK BS1にて生中継


シェアする

最新記事