初戦をベンチで見守った乾貴士、堂安らへ送った助言とは?「キレイな形で崩すのが一番良いけど…」

初戦をベンチで見守った乾貴士、堂安らへ送った助言とは?「キレイな形で崩すのが一番良いけど…」

2019.1.10 ・ 日本代表

シェアする

日本代表MF乾貴士は、アジアカップ2019初戦の内容を振り返りつつ、前を向いている。


初戦のトルクメニスタン戦(3-2で勝利)から一夜明け、トレーニングを行った日本代表。乾は「暑かったー。きつかったです。けど、みんなで頑張ったんでよかったと思います」と、気温30度前後の中で行われた練習を振り返った。


前日の試合では出番がなかった乾だが、ピッチに立つ堂安律や他の選手にアドバイスを送っていたようだ。


「前半ちょっと中に行き過ぎていたので、それは外から見てて思いました。それで失ってカウンターを受けて、自分たちで状況を悪くしてたのでそれは言いました。サイドからもう少し攻めた方が良いよって。サイドから2対1作って。キレイな形で崩せれば、それが一番良いですけど、それだけでできる簡単な相手ではないです。サイドからのクロスでも、サコ(大迫勇也)もいますし、(南野)拓実も合わせたりする能力はあるので、そういうプレーも増やしていった方が相手も嫌がるかなっていうのは伝えました」


1点リードされる展開となった初戦だったが、乾は「もちろん早く出してくれって思いはありましたが、それは監督が決めること。自分も準備はできてました」と語っている。そして自分がピッチに立ったときのイメージは出来ていたとしている。


「とにかく幅を取ることをやらないといけないなって思ってたので、まず相手を広げて、そこから空いてくるところが絶対にできるので、広げないとね。わざわざ自分たちから厳しいところに行き過ぎていたので、カウンターを受けていたのも全部真ん中で取られてからだった。それはもう全員が初戦で反省できたところだと思うので、次に生かしていければいいかなと思います」


宿舎の雰囲気は「全く悪くない」と話した背番号10は、「勝ち点3取れたことが全てだと思いますし、あとは次の試合にどうつなげていくかだと思います」と前を向いている。


初戦の勝利でグループF首位に立った日本代表はこの後、13日にオマーンと対戦する。



記事提供:Goal

シェアする

最新記事