森保ジャパンはなぜ苦戦を強いられたのか?ロジックで解き明かす「前半の劣勢」と「後半の巻き返し」|アジア杯

森保ジャパンはなぜ苦戦を強いられたのか?ロジックで解き明かす「前半の劣勢」と「後半の巻き返し」|アジア杯

2019.1.10 ・ 日本代表

シェアする

 日本代表のアジアカップ初陣、トルクメニスタン戦はざっと次のような流れだった。

 

(前半)日本はトルクメニスタンの対策に苦しめられ、0-1とリードを許す

(後半)日本の修正がはまり、3得点で逆転

(後半終盤)隙を突かれ、簡単な失点で3-2と詰められる。辛くも逃げ切った

 

 まずは前半。トルクメニスタンは日本に対し、何を用意してきたのか。

 

 4-4-2の布陣が予想されたトルクメニスタンだが、日本戦では5-4-1を敷いた。キープレーヤーはMFの両サイド、7番アルスラン・アマノフと8番ルスラン・ミンガゾフだ。このふたりはカウンターの出足が早く、中寄りのポジションを取ってくる。


 日本は26分にカウンターから先制を許したが、その起点も8番のミンガゾフだった。日本が右サイドから攻め込んだとき、逆サイドのミンガゾフが中央へ入り、カウンターの充電をしている。そして堂安律のパスミスを拾うと、フリーでロングドリブルを開始。最後は7番のアマノフがロングシュートを打ち、ロング尽くしで沈められた。

 このミンガゾフが中へ入る動きは、長友佑都にとっては捕まえづらいものだ。自分の担当サイドのスペースを空けてしまう。一方、ボランチの柴崎岳と冨安健洋も、死角から自分の背中へそろそろと寄る両ウイングを、捕まえられなかった。


 人につく守備では、この動きを捕まえるのは難しい。センターバック前の“スペースを守る意識”がなければ、流動性に振り回されるだけ。柴崎と冨安のコンビは、このスペース管理ができなかった。おそらくトルクメニスタンは、日本の急造ボランチの隙を突く狙いがあったのではないか。

 

 もうひとつ、トルクメニスタンの日本対策が面白いようにはまったのは、日本のサイド攻撃にも要因がある。左サイドは原口元気が中へ入り、長友が大外を上がって、攻める形が多かった。あるいは相手が5-4-1で前線に1枚しか残していないにもかかわらず、長友が最終ラインに張り付いたまま、お尻が重い時間も長かった。ミンガゾフにとっては、原口と長友への対応を5バックに任せたり、マークを捨てたりしやすい。つまり、カウンターの充電ポジションを、積極的に取ることが可能だった。 つまり、トルクメニスタンの5-4-1のカウンター戦術、日本対策がはまった要因は、主にふたつ。日本の攻撃が中央に偏り、サイドを使えていなかったこと。そして、急造ボランチが、バイタルエリアのスペースを管理できなかったこと。

 

 0-1とリードされた前半に、まったく不思議はない。トルクメニスタンの素晴らしさばかりが際立つ内容だった。

 

 そして、日本がこれらを一気に修正したのが、後半である。

 

 日本は原口が左サイドの大外に張り、長友をそのひとつ内側のハーフスペースに絞らせる形に修正した。原口のドリブルの仕掛けと、長友のインナーラップが目立つようになっている。

 

 その結果、トルクメニスタンは、ロングカウンターの充電が難しくなった。なぜ、この日本の修正は効果的だったのか。


 トルクメニスタンは7番アマノフと8番ミンガゾフが、最終ラインに吸収されるのを避けたい。高い位置に留めたい。だから、原口が1対1の仕掛けでウイングバックを圧倒してくると、非常にまずい。ヘルプに行けないし、行くと攻撃に出られなくなる。同様に長友にインナーラップされるのも、まずい。原口が横からスライドしてくる動きよりも、長友が後ろからスルスルと上がってくる動きのほうが、5バックが視認しづらく、フリーにしてしまう。

 結果として、原口の仕掛けは1点目、長友のインナーラップは2点目をアシスト。また、これらのポジショニングを利用するべく、斜めに蹴るサイドチェンジも、吉田麻也、冨安、柴崎から、後半は頻繁に供給された。攻撃的な相手サイドハーフの裏を突く、良い修正だった。

 

 さらに守備面でも改善があった。長友を明確にハーフスペースに入れたことで、攻撃から守備に切り替わるとき、ミンガゾフやアマノフが中へ入る動きを、長友が管理できた。長友、柴崎、冨安が連係し、前半と同じようにロングカウンターの起点を作られる場面は減った。

 

 原口と長友のポジションをはっきりさせたことで、後半は攻守両面で大きな改善が見られている。実に効果的な修正だった。

 

 そして、このまま3-1で試合が終われば、日本の修正力が称えられ、スッキリと終わることができたかもしれない。しかし、79分に不用意な失点から3-2に詰められ、結局ネガティブな印象が残った。この2失点目は頂けない。「薄氷の勝利」と「鮮やかな逆転」を決定的に分ける、2失点目だった。


 その要因まで本稿で触れると、いつまでも終わらないので、ここで〆る。日本代表の課題は山積みだ。トルクメニスタン戦は現地15時のキックオフで、30℃越えの暑熱に苦しめられた。しかし、次の試合からは涼しい時間帯になる。

 

 コンディションを上げ、課題を消化し、森保ジャパンへの期待感を取り戻してほしい。

 

文●清水英斗(サッカーライター)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事