過去無敗も…長友佑都、オマーンの分析ビデオを見て警戒心強める「すごく危険なチーム」

過去無敗も…長友佑都、オマーンの分析ビデオを見て警戒心強める「すごく危険なチーム」

2019.1.12 ・ 日本代表

シェアする

日本代表は12日、翌日に控えたオマーン戦に向けて前日会見を実施。森保一監督と長友佑都が出席した。


日本は9日に行われたアジアカップ初戦で、前半に先制を許すなど格下のトルクメニスタン相手に苦戦。後半に大迫勇也と堂安律が逆転ゴールを挙げて辛うじて逃げ切ったものの、不安材料は浮き彫りとなるスタートだった。


初戦でフル出場した長友は苦戦したことを認めつつも「チームとしてアジアカップを知るという意味では非常に良かった」と、ポジティブに捉えた。


確かに逆境に立たされるシチュエーションを早い段階で経験できたことは、プラス材料と捉えても良い。長友は「それをオマーン戦に活かせるように、チーム一丸となって戦いたいと思います」と言葉を続けた。


第2戦で対峙するオマーンとは過去に11回対戦し、8勝3分と無敗だ。しかし、長友は「今日、オマーンの分析ビデオを見ましたけど、カウンターのスピードがあって、すごく危険なチーム」と警戒。それでも「僕らも本当にいいチームで、選手個々のレベルは高いですし、勝てる自信はある」と、連勝を目指す構えだ。


日本が勝利し、ウズベキスタンがトルクメニスタン相手に引き分け以上で終わった場合は、1試合を残して日本の2位以内が確定する。長友は「決勝トーナメントに行くことが大事」と語り、「自分としては2試合で決めても、3試合目で決めても変わりはない」と、冷静さは失わず。


「もちろん、次の試合にしっかり勝って決めることが大事ですけど、一戦一戦気を引き締めて、自分たちにやれることを準備をして、しっかり勝ちたい」と熱い気持ちを込めた。



記事提供:Goal

シェアする

最新記事