吉田麻也「簡単な相手ではない」「アジア杯は総力戦になる」次戦オマーンの速攻を警戒

吉田麻也「簡単な相手ではない」「アジア杯は総力戦になる」次戦オマーンの速攻を警戒

2019.1.12 ・ 日本代表

シェアする

日のアジアカップ第2戦、オマーン戦を前に主将の吉田麻也が課題について言及した。


すでに第1戦ウズベキスタンvsオマーン(2-1)の映像もチェックしており「ウズベキとの試合も固く守ってカウンターってシーンが多かったので、前回の相手(トルクメニスタン)より精度は高いでしょうし、(オマーンとは)何度かやってますけど、簡単な相手ではないので、より守備の正確さと攻撃の精度は求められるだろうと思います」と発言。


「ピッチの中で選手たちが考えて、個々が考えて臨機応変に対応するってことは監督が選手に求めていることの一つでもあるので。もちろん自分たちのベースの部分、考えて動きながらサッカーをするっていうのはこの前まで(日本での親善試合で)やってきたことを生かせばいいんですけど、こういうアウェーの環境の地でピッチの中で起こったことにどれだけ対応できるかってことも、僕たちがこれからアジアを戦う中で求められてくることだと思うので。試合前にたくさん話して、試合中も話して、改善していければいいなと思います」


UAEに入ってからのコンディション維持については「優勝まで7試合あって、残り6試合あるんで。(チーム内のコンディションに)ばらつきがある中で、1試合ずつ整えていくってことがグループリーグでは大事になってくるんで。そこらへんも2試合目は1試合目より良くならなければいけないと思ってます」と語っている。


オマーン戦に勝利すると、日本はグループFからの勝ち上がりがほぼ確実となる。次戦での勝ち上がり決定がベストか問われるとこのように答えた。


「それ(オマーン戦勝利で16強進出)が理想ではありますけど、いつもいつも理想通りにいかないっていうのはキリンチャレンジの時から言い続けています。大会前にケガ人が出たり、サコ(大迫勇也)も今日練習していなかったり。いろいろアクシデントがある中でどうなるか分かんないんで、気を抜かずにキッチリと戦って、やるべきことをやれば結果がついてくると思っています。3試合目(ウズベキスタン戦)のことはその後考えたいと思ってます。アジアカップは総力戦になるんで、こういうチャンスをサブの選手が生かすっていうのが、2011年優勝した時もカギになったんで、そこは他の選手も理解してるし、逆に言うとこのチャンスをつかまなければいけないと思います」


次節オマーン戦に集中することが重要だと強調した。



記事提供:Goal

シェアする

最新記事

おすすめ動画