南野拓実「ボールを奪われずに攻撃の起点になることがひとつのポイント」

南野拓実「ボールを奪われずに攻撃の起点になることがひとつのポイント」

2019.1.13 ・ 日本代表

シェアする

AFCアジアカップ UAE 2019初戦はトルクメニスタンのカウンターに手を焼く羽目になったものの、なんとか勝ち点3を確保した森保ジャパン。グループステージ2連勝で決勝トーナメント進出を決めてしまいたいところだが、対戦相手のオマーンは初戦を落としており、死にもの狂いで勝ちに来る可能性は高く、初戦以上に慎重なプレイが求められる。前日調整を終えた日本代表・槙野智章選手、南野拓実選手、堂安律選手に話を聞いた。


DF 槙野智章選手

―オマーンについての印象は?―

「ボールを持てるチームだなと改めて思いましたし、ウズベキスタン戦も観ましたが、自分たちが初戦の反省点を生かした試合ができれば勝ち点3を取れると思っています。自分たちが初戦で苦しんだのは縦パスを取られてのカウンターであったり、攻撃している時のリスクマネジメントを怠ったことが原因なので、第二戦は肝に命じてプレイしなければいけないと思っています。試合に出るメンバーと出ないメンバーがいますけどチーム全員で勝利のために準備して戦います。」


MF 南野拓実選手

「奪ったボールを最初に一本味方にしっかり繋ぐのは重要なポイントになると思うんですけど、そこで一本繋いで良い形で前を向くことができれば攻撃のスイッチを入れることができますし、自分のポジションだったら良い形でボールを引き出すとか、そのボールを奪われないように攻撃の起点になることがひとつのポイントになるかと思います。」


MF 堂安律選手

―大迫選手の出場が危ぶまれていることについてー

「間違いなく日本のエースだと思っていますし、僕が小さい頃から観ていて素晴らしい選手だと感じていたのでそういう選手と一緒にプレイできないのは悲しいことですけど、僕たちが勝ち進めばまた一緒にプレイするチャンスがあると思うので、しっかりと自分たちが背負って一緒のピッチに立てるように頑張りたいです。本当に皆さんの期待の通り勝つことしか僕らも考えていませんし、しっかりと叩いてアジアのチャンピオンになるのに相応しい内容で、しっかり結果を残していきたいと思います。」


AFCアジアカップ UAE 2019

日本代表 vs オマーン代表

1月13日(日)22時30分キックオフ(予定)

テレビ朝日系列/NHK BS1にて生中継


シェアする

最新記事

おすすめ動画