難敵オマーンを徹底分析!森保ジャパンが警戒すべきポイントは?|アジア杯

難敵オマーンを徹底分析!森保ジャパンが警戒すべきポイントは?|アジア杯

2019.1.13 ・ 日本代表

シェアする

 オマーンと言うと典型的に引いて守りカウンターを繰り出すチームをイメージされるかもしれないが、2016年に就任したオランダ人監督のピム・ファーベークにより、主に攻撃面において変化しており、初戦のトルクメニスタンとはかなり特徴が異なる。そのため日本に要求される守備的な対応もかなり変わってきそうだ。

 

 ウズベキスタン戦は1-2で敗れたものの、公式スタッツでのボール保持率は60%、シュート数ではウズベキスタンの3倍の18本を記録した。パス成功率は88%で相手陣内でも75%を記録。ウズベキスタンの4倍となる36本のクロスを上げた。

 

 34分にFKから失点し、エクトル・クーペル監督が率いるウズベキスタンがディフェンシブに寄ったことも、そうしたデータに多少影響したかもしれない。しかし、後ろから丁寧にボールをつなぎ、サイドを起点に崩そうとする基本スタイルは立ち上がりから見られた。

 

 フォーメーションは4-2-3-1だが左右のサイドバックがビルドアップに加わりながら、かなり高い位置に上がって起点になる。その時にダブルボランチのひとりはボールサイドに流れて高い位置のサイドバックとセンターバックの間に入り、ビルドアップを助けながら守備のリスク管理をする。それに応じてトップ下のモシン・アル・ハルディが中盤におりてきて、一時的に4-3-3のような形になる。そこから相手陣内に上がるとアル・ハルディが前目に復帰する。

 

 ただし、ビルドアップの段階から中盤で細かくつないで来ることはほとんどない。サイドの組み立てに対して日本がプレスをはめることができれば有利に展開しやすくなるが、注意しないといけないのはそうなると縦に蹴るしかないトルクメニスタンと異なり、センターバックやGKを使って逆サイドに振って来ることだ。

 

 絶対的な守護神のアル・ハブシが大会直前に負傷で辞退したことはオマーンにとって大きな痛手だが、ことビルドアップに関してはセカンドキーパーからレギュラーに昇格したファイズ・アル・ルシェイディは36歳のベテランを凌駕するレベルにあり、左右の足を使い分けるためFWが限定的にプレッシャーをかけにくい。

 

 左右のサイドから高い位置で起点を作れば、3人のアタッカーが多角的なスプリントやドリブルで仕掛ける。ポゼッションからチャンスを作る場合はサイドバックがそのままワイドに張り、4人のアタッカーは中央に集まりやすい。そこは森保ジャパンに共通するが、最終的にサイドからクロスを上げる意識はオマーンのほうが高く、36本というクロス数にも反映されている。

  左サイドバックのアリ・ブサイディは多彩な左足のキックを備えており、チャンスと見ればあらゆる角度からゴール前に上げて来る。しかも、ゴール前を見てスペースよりピンポイントで上げるクロスが多い。左サイドハーフのラエド・サレハと絡む形でペナルティエリアのすぐ外側から上げてくるショートクロスはかなり危険だ。”逆足”のサレハはカットインからシュートに持ち込むだけでなく、アリ・ブサイディを追い越させるなどプレーの引き出しが多い。

 

 右サイドのアル・ムハイニはサイドラインから徹底してクロスを上げていく傾向が強い。右サイドハーフのジャミール・アル・ヤフマディは168センチの小柄なアタッカーで、サイドハーフと言ってもシャドーストライカーのようなポジショニングや飛び出しをするため、相手の左サイドバックがアル・ヤフマディに引っ張られてインサイドにポジションを取れば、アル・ムハイニは右サイドのスペースを単独で運んでクロスに持ち込んで来る。

 

 ただ、左右のどちらからクロスが上がるにしても、ゴール前でターゲットになるのは3人ほどで、例えばボランチの位置から勢い良く飛び込んで来るような意外性はあまりない。左右のサイドバックにクロスを自由に上げさせないことも大事だが、上げられても1トップのアル・ハイリと左利きでラストパスも飛び出しもできるトップ下のアル・ハルディをしっかりとチェックしたうえで、逆サイドから入って来るサレハやアル・ヤフマディにファーサイドから入り込まれないように注意しておけば、それほど脅威にはならない。

 ピムのオマーンが危険なのはそうしたポゼッション志向を持ちながら、ボールを取った時に相手のディフェンスの裏にスペースがあれば、容赦なくロングカウンターを仕掛けて来ることだ。1本のロングパスに対して前の3人、4人が同時的にスプリントしてくる。トップ下で10番のアル・ハルディは縦パスの精度が高く、彼がボールを持って前を向いたら要注意だ。初戦のウズベキスタンも攻守の切り替わりからの対応にかなり苦労していた。

 

 セットプレーはサレハが右足担当、アル・ハルディが左足担当で、アル・ブサイディも左足の質の高いボールを蹴ることができる。CKはゴール前に変化を付けて来る。おそらく策士のピム監督は日本戦用にも仕込んでいるはずだ。

 

 守備はサイドに対しては高い位置からもプレッシャーはかけて来るが、中央は縦を切って来るぐらいなので、ボランチをうまく活用できれば不用意な形でない限り中盤でボールを失うリスクは小さい。むしろ日本が高い位置でチャンスになった直後のセカンドボールなどを拾われると、そこからボールを保持するより裏を狙ってくるところはあらかじめ警戒しておくべきだ。

 

取材・文●河治良幸

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事