森保ジャパンがオマーンに勝利、GS2戦目でアジア16強進出を決めるも攻撃に課題残す

森保ジャパンがオマーンに勝利、GS2戦目でアジア16強進出を決めるも攻撃に課題残す

2019.1.14 ・ 日本代表

シェアする

日本時間13日、アジアカップのグループリーグ2戦目、日本代表対オマーン代表戦がUAEのザイード・スポーツシティスタジアムで行われ、日本は前半28分に原口元気が決めたPKの1点を守り抜き、1対0で勝利。グループリーグ2試合を終えて勝点を6に伸ばし、決勝トーナメント進出を決めた。


初戦を勝利で終え、引き分け以上でグループリーグ突破が決まる日本。スタメンはGK権田修一、最終ラインは右から酒井宏樹、冨安健洋、吉田麻也、長友佑都。ダブルボランチに柴崎岳と遠藤航。トップ下に南野拓実、右に堂安律、左に原口元気。ワントップに北川航也が入る、4-2-3-1でスタートした。


開始から攻勢に出たのは日本。2分には堂安が得意のドリブルで右サイドを突破し、中央の原口へグラウンダーのクロスを入れる。原口が右足で合わせたが、ゴールポストを直撃した。8分にはオマーンのミスを突き、南野が最終ラインの裏に抜け出してゴールに迫るが、シュートはGKルシャイディにブロックされた。


後半12分にも、富安のロングフィードに反応した南野が最終ラインの裏に抜け出し、シュートを打つが、ゴール右に外れた。


オマーンのチャンスは前半20分。右サイドから中央へスルーパスを通すと、ワントップのガサーニがGK権田をかわしてシュートを打つが、ゴール左に外れた。


前半24分、日本が決定機を迎える。後方からのパスを受けた南野がシュートを打ち、GKがブロックした跳ね返りを堂安が左足で蹴り込むが、DFがゴール直前で頭に当ててクリア。


攻め込む日本に先制ゴールが訪れたのは、前半28分。堂安と南野のコンビでシュートを打つと、GKが弾いたボールを拾った原口がペナルティエリアで倒され、PKを獲得。これを原口が落ち着いて決め、日本が先制した。


後半11分、ワントップで起用された北川を下げ、武藤嘉紀を投入。攻撃に変化をつけようと試みる。しかし、その後も効果的な攻撃を繰り出すことはできず、後半39分には堂安に替えて、伊東純也を投入する。終了間際には伊東が得意のスピードを生かしてシュートを打つが、これもGKにストップされた。


結局、PKで得た1点が決勝点となり、1対0で日本がオマーンに勝利。グループリーグ2連勝を飾り、決勝トーナメント進出を決めた。


試合後、決勝ゴールのPKを決めた原口は「勝ちましたし、予選は突破しましたけど、内容的には良くなかった。前半は良かったがチャンスで決めきれず、後半に関してはペースを戻すことができなかった。このままでは決勝トーナメントで勝てない。もう一回チームとしても個人としても、精度を上げていかないといけない」と厳しい表情で語った。



森保一監督は「勝ってグループリーグ突破を決めようということで、その気持ちを持ってハードワークしてくれた。結果が伴ってよかった」と振り返り、3戦目については「総力戦で戦っていく。出来る限り、多くの選手を使っていきたい」と、メンバーを変更を示唆した。


グループリーグ最終戦、ウズベキスタン戦は17日(木)22時30分キックオフ予定、テレビ朝日系列、NHK-BS1で生中継される。

写真提供:getty images

シェアする

最新記事