冨安健洋「蹴らされて、蹴らされているからこそ質も悪くなっていた」

冨安健洋「蹴らされて、蹴らされているからこそ質も悪くなっていた」

2019.1.14 ・ 日本代表

シェアする

AFCアジアカップ UAE 2019 グループステージ第二戦でオマーンを下した日本代表。勝ち点3をしっかり確保し決勝トーナメント進出を決めたが、エース大迫勇也の不在が響き、内容的にはスッキリしない戦いが続いている。試合終了後、原口元気、南野拓実、冨安健洋、酒井宏樹に話を聞いた。


MF 原口元気選手

「苦しい2試合でしたけどしっかり勝ち点6取れて、決勝トーナメントが決まったので最低限の結果かなと思います。アジアの大会は難しいので。そんなに簡単にきれいに勝てるものでもないので、一個一個、だと思います。もちろんチームとして良くならないといけないですけど、いろんなものが一試合一試合変わってくるので臨機応変にやらないといけないと思います。僕らの目標は優勝すること。そのためには1位通過の方がもちろん良いですし、どことやっても負けるつもりはないし、全ての試合で勝てるように、という気持ちでやります。」


MF 南野拓実選手

「前半に関して言うと特に自分のところでチャンスがあって、そこを決め切っていればチームももっと楽に試合展開を運べたと思うので、ワンチャンスをしっかり決め切るところは自分も改善していかないといけないし、重要になってくると思います。」


DF 冨安健洋選手

「縦にボールを突くことができれば良かったですけどなかなかパスコースを見つけることができずに蹴らされて、蹴らされているからこそ質も悪くなっていた感じですね。今日は無失点に抑えることができましたけど個人のプレイとしては全然満足いくものではなかったですし、抑えるべくして無失点に抑えたと胸を張って言えるようなプレイをしたいと思います。」


DF 酒井宏樹選手

「特にセカンドボールの動きだったり攻めている時のバランスに関してはすごくうまくできたので、そこは継続してやっていければと思います。」

ー堂安律との関係性は?ー

「お互い自分たちのポジションは分かっていますしボールを受ける前にどこらへんにいるかは分かっているので、今日もコンビネーションで崩した部分も多かったですし、良いフィーリングでできているのでそのまま続けられればと思います。次も勝ち点3取れるように、いつも通りそのままのスタンスでいければ良いかなと思います。」


AFCアジアカップ UAE 2019

日本代表 vs オマーン代表

1月17日(木)22時30分キックオフ(予定)

テレビ朝日系列/NHK BS1にて生中継


シェアする

最新記事