先発10人入れ替えた森保ジャパンがウズベキスタンに逆転勝利、グループF首位で決勝Tへ

先発10人入れ替えた森保ジャパンがウズベキスタンに逆転勝利、グループF首位で決勝Tへ

2019.1.18 ・ 日本代表

シェアする

日本時間17日、アジアカップ2019UAE3戦目、日本代表対ウズベキスタン代表戦が行われ、日本は武藤嘉紀、塩谷司のゴールで逆転勝ち。グループリーグ3連勝を飾り、1位で決勝トーナメント進出を決めた。


2戦目から10人を入れ替えた日本。スタメンはGKシュミット・ダニエル、最終ラインは右から室屋成、三浦弦太、槙野智章、佐々木翔、ダブルボランチにキャプテンマークを巻いた青山敏弘と塩谷司。右に伊東純也、左に乾貴士。2トップに北川航也、武藤嘉紀が入る、4-4-2でスタートした。


ウズベキスタンを率いるクーペル監督はリーガ・エスパニョーラのバレンシアを率いて旋風を巻き起こし、ロシアワールドカップではエジプト代表の監督を務めた人物。名将に率いられるウズベキスタンはボール保持を基調に、サイドアタックに鋭さを見せる。


日本の最初のチャンスは前半19分。乾がドリブルで持ち上がり、左の武藤へスルーパスを送る。武藤が中央へダイレクトで折り返し、北川が合わせるが、相手のクリアに遭う。こぼれ球を拾った乾が右足ダイレクトでシュートを打つが、GKにブロックされた。


35分には乾と武藤のパス交換から、北川がゴール正面で反転し、左足を勢い良く振り抜く。これはGKが右手1本でセーブした。


チャンスを作る日本だが、一瞬の隙を突かれて失点してしまう。前半40分、右サイドをショムロドフがドリブルで切り裂き、槙野と三浦をかわし、鮮やかなシュートを流し込んだ。


しかし日本も直後に同点に追いつく。43分、室屋が右サイドを突破し、中央へクロスを送る。ここにいたのが武藤。ジャンピングヘッドで合わせ、ゴールに突き刺した。


後半開始から、日本が攻勢に出る。伊東、乾の両サイドが積極的に仕掛けてシュートを放つなど、ウズベキスタンゴールを脅かす。


そして後半13分、ペナルティエリアの外から塩谷が左足で豪快にミドルシュートを突き刺し、逆転に成功する。


後半36分には乾に替えて原口元気、後半40分には武藤を下げて遠藤航を送り込むと、アディショナルタイムには攻守に走り回った北川に替えて冨安健洋を入れ、試合をシャットアウト。ウズベキスタンの攻撃を封じ込み、2対1で逆転勝利を飾った。


試合後、同点ゴールの武藤は「久しくゴールから遠ざかっていたので、勝利に貢献できて非常にうれしい」と笑顔を見せ、勝ち越しゴールの塩谷は「(得点場面は)コースが見えていたので、思い切り突き刺すだけでした。このピッチはアル・アインでやっているので慣れている。勝ちにつながるゴールを決めれたのは自信になる」と振り返った。


この結果により、日本はグループリーグ3連勝で堂々の1位通過。決勝トーナメント1回戦の相手はサウジアラビアに決まった。


負ければ終わりのノックアウトステージ。決勝トーナメント1回戦は21日(月)20時キックオフ。試合はテレビ朝日系列、NHK-BS1で生中継される。


写真提供:getty images

シェアする

最新記事