長友佑都&南野拓実らの言葉から読み解くサウジアラビア攻略法。“スピードモンスター”への警戒と相手守備陣のスキを突け!|アジア杯

長友佑都&南野拓実らの言葉から読み解くサウジアラビア攻略法。“スピードモンスター”への警戒と相手守備陣のスキを突け!|アジア杯

2019.1.21 ・ 日本代表

シェアする

 UAEで開催されているアジアカップに出場している日本代表は、1月21日に決勝トーナメント1回戦でサウジアラビアと対戦する。グループFを3連勝で勝ち上がった日本に対し、サウジアラビアはグループEを2位通過。果たして今大会のサウジアラビアの特長とはどういったものなのか。

 

 まず警戒すべきは、長友佑都が“スピードモンスター”と称讃するエースFWアル・ムワラッドだ。俊敏性が売りの19番は、今大会のグループリーグ第1戦と第2戦で連続ゴール。能力の高さを示している。

 

 日本としては直近に対戦した2017年9月のロシア・ワールドカップ最終予選のゲーム(0-1で敗戦)でもゴールを奪われており、長友は「あれスピードモンスターですよ。メチャクチャ速いんでね。あそこはホントにケアしなきゃいけないですね。もう常にチームとして狙ってくる」と警戒した。

 

 また守備の要である吉田麻也も「前線にスピードのある良い選手がたくさんいて、裏からの飛び出しは彼らの特長です。(グループリーグ最終戦の)カタール戦でもポストプレーヤーよりも裏へ抜ける選手を置いて、スピードで勝負してくるというのが多く見られたので、そこは気を付けなくてはいけないと感じます」とポイントを語った。

  今大会のサウジアラビアは全体的に上背はないが、スピードに長けたアタッカーやSBを擁しており、日本は素早い攻撃に対応する必要がありそうだ。ただスローテンポな展開に持ち込めば、主導権を握れる可能性が高く、またセットプレーでの高さ勝負を挑めば有利に立てるだろう。

 

 一方、サウジアラビア守備陣の印象に関しては南野拓実が「前には強いですが、オフサイドトラップをかけてきたり、マークを外す場面がある」と集中力を切らす場面がある点を指摘。素早いパスワークで相手のマークを食い付かせながら、フリーランで相手の裏を取ればチャンスは作れそうだ。また攻守の切り替えもそこまで早くないようで、カウンターも有効な攻め手になるかもしれない。

  日本はFIFAランクでサウジアラビアを上回っているが(日本は50位、サウジアラビアは69位)、長友はそのデータを鵜呑みにせず、相手のポゼッション力にも注意すべきだと話す。

 

「FIFAランクは僕の中ではあってないようなものなので。(2017年9月のロシア・ワールドカップ最終予選での一戦では)僕らはなにもできなかったですからね。サウジアラビア正直、メチャクチャ強いなと思いましたよ。完全アウェーの状況で僕らも(直前にワールドカップ出場を)決めていたというのはあったんだろうけど、ボールもずっと持たれていたし、全然取れなかった。こいつら、上手いなと。

  身体能力で何とかしてくる荒削りのイメージがあったんですが、でもそうじゃないんですよ。今回分析しましたけど、メチャクチャつないできます。その中でメンタル的な部分の疲労が一番怖いですよね。ボールを持たれ、守備をしなきゃいけないというなかで戦うとメンタル的にも脳が疲労してくるんで、一番怖いです」

 

 果たして日本はサウジアラビアの攻撃をいなしながら主導権を握れるか。粘り強い試合運びが求められそうだ。

 

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事