大迫勇也「もちろん僕は出場するつもり。緊張感の中でサッカー出来る幸せを感じている」

大迫勇也「もちろん僕は出場するつもり。緊張感の中でサッカー出来る幸せを感じている」

2019.1.21 ・ 日本代表

シェアする

ノックアウトステージに突入したAFCアジアカップ UAE 2019 。日本時間の今日21日、日本代表はサウジアラビアと準々決勝進出をかけて戦う。強力な攻撃陣を擁する中東の雄に対して、コンディションがあがってきた森保ジャパンはどう戦うのか。エース大迫勇也の怪我の状態も気になるところだ。試合前日の森保一監督、酒井宏樹、大迫勇也、南野拓実、長友佑都に話を聞いた。


森保一 監督

「サウジは攻守共にアグレッシブに戦ってくるチームであると踏まえて我々は準備し、明日の勝利を目指して戦えればと思いますし、観ている方々が『良い試合だった』と思えるような試合ができればと考えています。」


DF 酒井宏樹選手

「とにかく最初に失点しないことを心がけたいですし、失点しなければ負けることはないと思っていますし、攻撃陣も信頼しているので。僕も含めて年齢が上の選手は、困難な状況の時こそチームを支えられるようにしたいと思っています。」


FW 大迫勇也選手

「もちろん僕は出場するつもりではいますし、監督やメディカルスタッフと話してから決めると思います。僕個人的には『やっと始まったな』と。決勝トーナメントでさらに緊張感が増しますし、その中でサッカー出来る幸せを感じながら日々を過ごせているので楽しみですね。」


MF 南野拓実選手

「(ウズベキスタン戦は)ピッチで戦っている選手の姿を見て『僕も試合に出たいな』と、応援してくれる人達のためにも戦う姿を見せたいなと思いました。コンディション的には問題ないですし、バッチリです。」


DF 長友佑都選手

「日本代表として生きるか死ぬかの戦いで、このプレッシャーを背負って戦えるのは本当に楽しみだし誇りです。1点の差で勝負が決まると思いますね。なので、その重みは誰よりも強く感じていますし、これまで良い思いもしましたけど痛い思いもしてきたので、しっかりと集中してチーム一丸となって戦います。」


AFCアジアカップ UAE 2019

日本代表 vs サウジアラビア代表

1月21日(月)20時00分キックオフ(予定)

テレビ朝日系列/NHK BS1にて生中継

シェアする

最新記事