日本代表、アップセット狙うサウジと負けられない戦いへ。スペイン紙が選んだキープレイヤーは…

日本代表、アップセット狙うサウジと負けられない戦いへ。スペイン紙が選んだキープレイヤーは…

2019.1.21 ・ 日本代表

シェアする

スペイン紙『アス』の英語版が日本代表とサウジアラビア代表の一戦についてプレビューを掲載している。


日本は21日、アジアカップ決勝トーナメント1回戦でサウジアラビアと対戦する。グループステージを3連勝で突破した日本と、最終戦を落とし、2勝1敗の2位で切り抜けてきたサウジアラビア。下馬評では日本有利だが、一発勝負だけに油断は禁物だ。サウジアラビアのフアン・アントニオ・ピッツィ監督もアップセットを狙っている。


「ラウンド16に進むことができてとても嬉しい。ただ、我々の目標はこの大会でさらに先へ勝ち進むことだ。相手がアジアカップの優勝候補であることはわかっている。日本はアジアのベストチームだと考えられている。しかし、我々には大きな自信がある。だからこそここにいる。我々にとって簡単な試合にはならないが、勝ちに行く」


そんな中、『アス』がキープレイヤーに指名したのは、それぞれグループステージでゴールを挙げている2選手。日本からはウズベキスタン戦で価値ある同点弾をマークし、サウジアラビア戦でもスタメンが予想される武藤嘉紀。「勤勉なFWは日本代表での活躍はなかなかかなわなかったが、2015年以来の得点をウズベキスタン戦で挙げた。森保一監督からチャンスを与えられれば、さらなる活躍を約束するだろう」と期待を寄せた。


一方、サウジアラビアからは3試合で2ゴールを挙げているファハド・アルムワラドが選出された。スピード・モンスターとも称される同選手について「日本の主な脅威になるはず」と予想している。


注目の一戦はどちらに勝利の女神が微笑むか。森保監督体制で初タイトルを狙う日本にとって、重要な試合となる。



記事提供:Goal

シェアする

最新記事