「真の優勝候補の凄みを見た!」英国誌記者がサウジ戦勝利の森保ジャパンを手放しで称賛!|アジア杯

「真の優勝候補の凄みを見た!」英国誌記者がサウジ戦勝利の森保ジャパンを手放しで称賛!|アジア杯

2019.1.22 ・ 日本代表

シェアする

 粘り強く勝ち切った。アジアカップの決勝トーナメント1回戦、日本代表はサウジアラビアを相手に1-0で勝利。個人的には、心が揺さぶられる試合だった。


 グループリーグで無傷の3連勝を飾ったとはいえ、日本はなかなか本領発揮とは行かなかった。今回のサウジ戦も序盤から押されっぱなしだったし、それこそ攻撃面で見るべきポイントが少なかったのも確かだろう。ただ、わたしは炎天下のシャルジャで、「真の優勝候補の凄み」を随所で見せてもらった気がする。本物の質と、アジアの盟主としての意地、気概をだ。非常に強く印象付けられた。


 キックオフ直後からサウジのボール支配に晒されながらも、組織的な守備で上手く連携して封じ込め、良い時間帯に先制した。その後も選手全員が身体を張ってソリッドな守備を貫き通し、何度か効果的なカウンターも繰り出している。追加点を奪えなかったのは悔やまれるが、なによりも失点ゼロで終えた点を最大限に評価すべきだろう。負ければ終わりのノックアウトラウンドでは、失点ゼロこそがもっとも称えられるべき結果だからだ。


  森保一監督はやはり、これまでベストとされていたメンバーをサウジ戦でも引き続き信用して、先発で送り出した。そして彼らはしっかり期待に応え、結果を残した。指揮官のジャッジが勝利にちゃんと繋がっているのだから、ムードが高まらないはずがない。


 最初の2試合(トルクメニスタン戦とオマーン戦)ではエンジンがかからなかったが、ウズベキスタン戦では控え組が良質なパフォーマンスを見せた。わたしはサウジ戦で、塩谷司や乾貴士ら何人かがスタメンに抜擢されるのではと踏んでいたが、結局はオマーン戦とほぼ同じ構成。森保監督にとっては、考え抜いた末の決断だったのだろう。


 オマーン戦からの唯一の変更となったのが武藤嘉紀だが、サウジ戦では抜群の働きを示した。彼のスピードとフィジカルタフネスは、サウジにとって厄介きわまりないものだったはずだ。残念ながら準々決勝のベトナム戦は出場停止で欠場するが、次は大迫勇也が戻れるかもしれないし、その先の戦いを見越せば、途轍もなく大きな収穫になったと言える。 そしてもうひとりの立役者を挙げるなら、やはり冨安健洋となるだろう。


 決勝点となったコーナーからの強力ヘッドはもとより、20歳にして最終ラインを束ねる堂々たる立ち居振る舞いには、感心させられるばかりだ。素晴らしいメンタリティーとパーソナリティーの持ち主で、偉大な先輩でチームメイトの吉田麻也、長友佑都と並び称される日も近いだろう。


 あの20分という早い時間帯でのゴールが大きくモノを言った。どれだけ日本のその後のゲームを戦いやすくしただろうか。もし逆にサウジが先制点を挙げていたら、流れはまるで違うものになっていた。日本が前がかりで押し込む展開となれば、サウジ自慢の高速カウンターが光り輝き、リードを広げられていたかもしれない。


  サウジをはじめとしたアラブ勢は遅攻が不得意で、最後の局面がどうしても雑になる。確かに日本は何度か危ない場面に直面し、サウジのシュート精度の低さに助けられた感があるが、そもそもシュートが枠に飛んでいないし、キーパーの権田修一が冷や汗をかくような場面はほぼ皆無だった。日本はプラン通りに勝利の方程式を完遂したのである。


 親善試合を含めて、新政権発足から8勝1分けと負けなしだ。中島翔哉や大迫ら中心選手が負傷離脱しても、グレードを落とすことなく勝ち星を重ねる。チームに勢いがなくなってもしたたかに勝ち切る。そして次の試合では、その教訓をしっかり活かしてまた勝利に繋げているのだ。しかも日本代表が長い歴史のなかで苦渋を舐めてきた中東の地で、力強く結果を叩き出している。隔世の感を禁じ得ないのは、わたしだけではないだろう。


 さあ、次なる相手は歴代優勝国ではなく、ジャイアントキリングを狙うベトナムだ。実に面白い顔合わせではないか。ベトナムの選手や国民にとっては、日本という巨星を向こうに回した、まさにドリームマッチだろう。乗りに乗っているチームだけになにをしでかすか分からない。もっと言えば、無欲の快進撃を続けているだけに、サウジよりも手強い相手と言えるかもしれない。


 とはいえ、ここでサプライズを提供する森保ジャパンではないだろう。まずメンタル面で負けそうにないし、たとえ逆風に遭っても容易くアップセットは許さない、自信に満ち溢れた雰囲気がある。 勝ちながら成長を続ける新生ジャパン。さすがにベスト4以降はイランや韓国、オーストラリアなどよく整備された強豪国が相手となるだけに楽観視はできないが、地に足を付けた盤石の戦いを見せるはずだ。今大会がいかなる結末で終わろうとも、最後まで誇り高きスタンスを貫いてくれるはずだ。


 あらためて強調しよう。苦しみながらもさらりと1点を守り切ったサウジ戦を見て、わたしは日本代表に真の強豪国の矜持を垣間見た。なんとも、清々しいチームではないか。


<了>


著者プロフィール

マイケル・プラストウ/1959年、英国のサセックス州出身。80年に初来日。91年に英国の老舗サッカー専門誌『ワールドサッカー』の日本担当となり、現在に至る。日本代表やJリーグのみならず、アジアカップやACLも精力的に取材し、アジアを幅広くカバー。常に第一線で活躍してきた名物記者だ。ケンブリッジ大学卒。

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事