柴崎岳、準々決勝で対戦するベトナムを警戒「ここまで上がってくるだけの力がある」

柴崎岳、準々決勝で対戦するベトナムを警戒「ここまで上がってくるだけの力がある」

2019.1.23 ・ 日本代表

シェアする

アジアカップ2019に出場している日本代表MF柴崎岳が、準々決勝のベトナム戦を前に公式会見に臨んだ。


準々決勝に勝ち進んだ日本代表は日本時間の24日にベトナム代表と準決勝進出をかけて戦う。この大事な一戦の前に柴崎は「チームとしても誰が出てもいい準備はできている」と試合に向けて意気込みを語った。


「次のラウンドに進むために準々決勝は非常に重要になると思っているので、いつものように最善のプレーを見せて、ベストを尽くしたい」


また、海外メディアからグループステージから、決勝トーナメント1回戦のサウジアラビア戦まで全勝で勝ち上がってきているものの、試合内容が想定よりも苦戦を強いられていたことを問われると「勝利という結果が非常に重要」と苦しみながらも、ここまで全勝という結果を残せていることを評価した。


「僕たちは内容もつねに追求しながらら1試合1試合戦い、さまざまな戦術を取るのはいとわないので、それが結果に出ているのは間違いないです。チームとしてまだまだ未完成な部分があるのは重々承知しているので、試合が進むにつれて成長し、最後にトロフィーを勝ち取ることができれば日本にとっていいことかなと思います」


ベトナムは、グループステージで優勝候補のオーストラリアに勝利したヨルダンをPK戦までもつれ込みながらも下し、準々決勝に進出してきた。柴崎もベトナムに対し「非常に力のあるチーム。ここまで上がってくるだけの力がある」と警戒した。


「背は小さいですけども、非常に技術力が高く、アジリティの高い選手が多く配置されている印象があります。近年のアジアの中で非常に高い技術を持ちながら中盤から打開してくる選手が沢山いる印象なので、僕も中盤の選手として主導権を握ることを心がけたい。日本のよさである技術的な部分で上回る必要があると思うので、個人としてはその中心を担っていきたいです」



記事提供:Goal

シェアする

最新記事

おすすめ動画