「韓日中の三国志だ!」「イヌイが最初の成功者」韓国紙がラ・リーガの“東アジア新時代”を特集!

「韓日中の三国志だ!」「イヌイが最初の成功者」韓国紙がラ・リーガの“東アジア新時代”を特集!

2019.2.12 ・ 日本代表

シェアする

 いま、韓国と中国で俄然注目度を高めているのが、スペインのラ・リーガである。それもそのはず。今冬の移籍市場を経て、自国の有望株たちが飛躍のときを迎えているからだ。


 まず韓国からはふたりの若手が台頭した。ひとりはバレンシアの下部組織で研鑽を積み、この1月に晴れてトップ昇格を果たした17歳のMFイ・カンイン。韓国サッカーの近未来を背負って立つU-20代表のエースで、ここまで2試合で出場機会を得ている。もうひとりは、ジローナの21歳MFペク・スンホだ。こちらはA代表のMFイ・スンウ(現エラス・ヴェローナ)とともにバルセロナのマシアで長く修練を続け、2017年夏にジローナBに移籍した。そして1月27日のバルサ戦でついにトップチーム・デビューを果たし、2月9日のウエスカ戦でも後半頭から登場するなど、存在感が増している。


 先のアジアカップで中国代表をベスト8に導いたのが、27歳ウインガーのウー・レイだ。2018年シーズンの中国スーパーリーグ得点王も、この冬に上海上港からエスパニョールに移籍。さっそく2月3日のビジャレアル戦で終盤に登場すると、2月9日のラージョ・バジェカーノ戦では先発を飾ってPKを誘うなど溌溂としたプレーを披露した。中国国内のサッカーファンを熱狂させているのだ。


  日本が誇る柴崎岳(ヘタフェ)と乾貴士(アラベス)のコンビを合わせ、現在東アジアは5人の選手をラ・リーガに送り込んでいる。この“新時代”をクローズアップしたのが、韓国の全国紙『スポーツソウル』。「スペインで韓国、中国、日本の三国志が繰り広げられている」と銘打ち、特集記事を組んだのだ。


「2018-19シーズンのラ・リーガにおいて、韓日中のサッカー三国志が幕を開けた。すでに1部リーグで実績を積んでいるシバサキ、イヌイに加えて、この冬から韓国のイ・カンインとペク・スンホ、中国のウー・レイが活躍の機会を得ている。スペインのクラブではEU外の選手が3名までしか保有できない。その状況下にあっても彼らは出場機会を得ているのだ。韓日中の選手が同じシーズンに揃ってラ・リーガでプレーするのは、史上初の出来事である」 同紙が称えたのは、日本の先駆者たちだ。


「東アジア3か国において、ラ・リーガでまずその旗を打ち立てたのは日本である。1999年のショウジ・ジョウ(城彰二/バジャドリー)が第1号となり、その後はヨシト・オオクボ(大久保嘉人/マジョルカ)やシュンスケ・ナカムラ(中村俊輔/エスパニョール)らが挑戦。現在はシバサキとイヌイがプレーしているが、東アジア出身選手として、スペインで初の成功例となったのがイヌイである。彼は確固たる立場を築いた。エイバルで89試合・11得点の結果を残し、ベティスでも8試合に出場しているから、今回のアラベスで3試合に出場すれば、100試合の金字塔を打ち立てることになる」


 かたや韓国勢は、過去にイ・チョンス(レアル・ソシエダ)、イ・ホジン(ラシン・サンタンデール)、パク・チュヨン(セルタ)、キム・ヨンギュ(アルメリア)らがラ・リーガのピッチに立ったが、「いずれもさしたる足跡は残せなかった」とする。だが今回は「雰囲気がまるで違う。ふたりの若手には期待が満ち溢れている」と断じた。


  そしてこう綴って、期待を込めるのだ。


「2月18日にはバレンシア対エスパニョール戦が行なわれる。これを皮切りに韓日中の3か国選手たちが火花を散らすのだ。5人の選手たちはそれぞれが、自国を代表するという気概を持ってピッチに立っている。イ・ガンインは『バレンシアはもちろん、韓国サッカーの発展のために力を尽くしたい』と語り、ウー・レイも入団会見で『韓国と日本からはたくさんの選手がヨーロッパに渡って活躍している。今後は中国の選手もどんどん進出できるように、その架け橋になりたい』と意気込む。イヌイにいたってはベティスの入団会見を日本のスペイン大使館で行なったほどだ」


 最後に「5人の戦いに韓日中のサッカーファンの注目している」と記した『スポーツソウル』紙。ラ・リーガで実績を残してきた日本勢、柴崎と乾は負けていられないだろう。加えて、レアル・マドリーの下部組織で日進月歩の進化を続けている15歳のMF、中井卓大の成長にも特大の期待がかかる。



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事