「優勝に貢献したい」伊東純也がベルギーで入団会見! 早ければ今週木曜日にもデビューか?

「優勝に貢献したい」伊東純也がベルギーで入団会見! 早ければ今週木曜日にもデビューか?

2019.2.12 ・ 日本代表

シェアする

 柏レイソルからベルギー・リーグのヘンクに移籍した伊東純也が、現地で会見に臨んだ。事前に報じられていた通り、1年半のレンタル移籍で、契約期間満了後の買い取りオプションもつく。


 自身も出場したアジアカップ終了直後に移籍が発表された伊東は、先週木曜日にベルギー入り。翌日行なわれたスタンダール・リエージュ戦を観戦し、週明けの月曜日に入団会見に臨んだ。その様子をベルギー・リーグの公式サイトや現地メディアなどが報じている。


「僕がヘンクを選んだのは、ベルギーで1位になっているチームだから。ヨーロッパリーグ(EL)にも勝ち残っていて、非常に興味深いクラブだと思ったからです。来季ぜひチャンピオンズ・リーグに参加したいと思ったことも、ヘンクに決めた理由のひとつです」


 移籍を決めた理由についてこう語った伊東は、「優勝に貢献したい」と意気込んだ。


 第25節まで消化したベルギー・リーグで勝点57を稼ぎ出しているヘンクは、2位のクラブ・ブルージュに11ポイント差をつけて首位を独走している。レギュラーシーズンは残り5試合。上位6チームで行なわれるプレーオフ1への参加はほぼ間違いない情勢だ。


 プレーオフ1は6チームが総当たり戦を行ない、1位になったチームがその年の優勝チームとなる。また、優勝チームにはチャンピオンズ・リーグに参加する権利が与えられる。

 会見には、ワースランド・ベベレン時代に森岡亮太を指導したことのあるフェリペ・クレメント監督も同席。指揮官は伊東の印象について、こう語っている。


「我々はスピードがあってプレーに深みのある選手を必要としていました。もちろん、伊東にとっては新たな文化や別の大陸での第一歩なので、すべてが最初から満点ではありません。テストした結果、クラブの平均を少し下回っていたのは確かです。ただ、彼の資質は申し分ないし、大抵のニューカマーは彼より不利だと思います。


 それに、私は森岡で良い経験をしているし、ほかの日本人選手たちもシント=トロイデン(STVV)でいい仕事をしている。日本の若い選手たちはみんな良いトレーニングを積んできているので、心配はしていません」


 また、ディミトリ・デ・コンデSD(スポーツディレクター)は「私たちは長い間伊東を追っていたので、彼の資質と成功を確信している」とコメント。買い取りオプション付きの1年半レンタルという契約形態については、「技術的および戦術的な意味で、彼がどのように進化するかを見ることが主な目的だ。柏にとっても伊東にとっても、我がクラブにとっても良い条件だと考えている」と明かした。


 現地メディア『VOETBALKRANT』は、「伊東はヘンクにおいて非常に人気があった鈴木隆行に続く、ふたり目の日本人選手となる。タイトル貢献に非常に期待がかかる存在だ」と評している。


 ヘンクは現地2月25日にELのスラビア・プラハとのアウェー戦を控える。伊東はELに選手登録済みであるため、早ければ木曜日に欧州デビューする可能性もありそうだ。

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事