ベジクタシュ特製の“香川真司Tシャツ”が話題! 入団決定から3週間の売れ行きは…

ベジクタシュ特製の“香川真司Tシャツ”が話題! 入団決定から3週間の売れ行きは…

2019.2.21 ・ 日本代表

シェアする

 トルコでの人気は高まる一方だ。


 今冬にボルシア・ドルトムントからベジタクシュに移籍し、いきなり鮮烈の2ゴール・デビューを飾った香川真司。地元ファンのハートをがっちり掴むと、その後の2試合も途中出場ながら存在感を大いに示し、週明け月曜日のイスタンブール・ダービー、フェネルバフチェ戦では初の先発出場が期待されている。トップ下のレギュラーであるセルビア代表MFアデム・リャイッチが出場停止となるからだ。


 ピッチ内外で話題を振りまく日本サッカー界の至宝だが、クラブのオンラインショップではとあるグッズが話題をさらっている。ベジクタシュが入団直後に作成した特製Tシャツで、その売れ行きが好調だという。調査したのはベジクタシュの人気情報サイト『Haber1903』で、「Tシャツの人気が止まらない!」と題した記事を掲載。以下のようにレポートしている。


「ドイツからシンジ・カガワが移籍してきてからというもの、ファンは彼の素晴らしいパフォーマンスと真摯な姿勢に魅了されっぱなしだ。その人気ぶりを如実に示しているのがTシャツの売れ行きだろう。クラブのオンラインショップで販売されているカガワ特製のグッズで、値段は69.99トルコリラ(約1450円)。我々がリサーチしたところ、入団からこれまでに3500枚を売り上げており、いまだ好調だという」


  公式グッズだとすれば、日本では考えられない安価だ。Tシャツは白地に赤丸が大きく表記され、香川のイラストがその前に浮かび上がるなかなかお洒落なデザイン。「SAMURAI OF THE BOSPHORUS(ボスポラス海峡のサムライ)」との文字が添えられ、日本を強くイメージした仕上がりだ。同メディアは「トルコ国内だけでなく、日本のファンからの問い合わせも殺到しているようだ」と記している。


 いまだ衰えぬフィーバーぶり。この勢いを駆って、ダービーマッチでハイパフォーマンスを披露してほしいところだ。

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事