伊東純也がヨーロッパリーグで欧州先発デビュー! しかしヘンクは4失点で完敗、ベスト16進出は叶わず

伊東純也がヨーロッパリーグで欧州先発デビュー! しかしヘンクは4失点で完敗、ベスト16進出は叶わず

2019.2.22 ・ 日本代表

シェアする

 現地時間2月21日、ヨーロッパリーグ(EL)のラウンド・オブ32の第2レグが行なわれ、ヘンクがスラビア・プラハと対戦。この試合で、今冬に加入した伊東純也が欧州デビューを果たしている。


 今月14日に行なわれた第1レグではスコアレスドローに終わった。ベスト16進出のためには勝利が求められるヘンクで、伊東は4-3-3のトップ右で先発出場した。


 先制したのはホームのヘンクだった。10分、トップ左で先発したレアンドロ・トロサールが相手GKの連係ミスを逃さず、ツータッチでロングシュート。しかし、23分には簡単にアウェーゴールを許してしまう。


 堅守を誇るスラビア・プラハと攻め込むヘンクの一進一退の攻防が続いた27分、ヘンクのブライアン・ヘイネンが腹部を押さえてピッチに倒れ込み、プレー続行が不可能に。ホームのフェリペ・クレメント監督は29分に交代カードを1枚切るというアクシデントに見舞われた。


 その後、両チームともに追加点を挙げられずに前半を終える。

 そして1-1で迎えた後半開始から間もなく、再びヘンクを予期せぬアクシデントが襲った。


 53分、ゴール前の混戦からスラビア・プラハのボランチ、ベンジャミン・トローレに追加点を許し、1-2とされる。直後、左SBのキャスパー・デ・ノレを下げ、クレメント監督はこの日2人目の交代カードを切った。


 さらに、失点時に自チームのDFと接触したGKのダニー・ブコビッチが負傷で立ち上がれなくなり、交代を避けられない事態に。これで3人目のカードを切った劣勢のヘンクは57分にして交代枠を使い切り、ベスト16進出は伊東を含むピッチ上の選手たちに託された。


 だが、64分、68分と立続けにスラビア・プラハに得点を許して1-4とされ、ホームチームは非常に苦しい事態に追い込まれる。


 伊東は右サイドから何度も突破を仕掛けて中央にクロスを送るも、アシストには至らない。90分には裏を狙った飛び出しから、DFをかわしてループシュートを放つという絶好のゴールチャンスを迎えたが、ボールは惜しくもポスト左上に直撃し、跳ね返された。


 ヘンクは、リーグ戦でゴールを量産し、現在得点王争いのトップであるメドゥワナ・サマータも沈黙。最後まで反撃の糸口を見つけることができなかった。


 持ち味のスピードを活かした軽快なプレーで存在感を発揮した伊東だが、チームは1-4のまま敗れ、EL敗退が決定。伊東には今後、リーグ戦での活躍が期待される。

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事