日本代表初招集、鎌田大地はいかにしてベルギーの地で飛躍を遂げたのか

日本代表初招集、鎌田大地はいかにしてベルギーの地で飛躍を遂げたのか

2019.3.16 ・ 日本代表

シェアする

 アジアカップが終わった直後のことだった。鎌田大地に日本代表への想いについて尋ねると、こんな答が返ってきた。


「日本代表入りを目標にしています。STVV(シント=トロイデン)で活躍すれば、いつか入ることができると思います。だけど、自分が見ているのはもっと先のこと。代表に入ることはもちろん大事ですが、STVVでどれだけ良いプレーをして、良い結果を残せるか――。そのことによって、来シーズンの自分がどこでプレーするか、変わってくると思います」


 この言葉から1か月半後、鎌田は晴れて日本代表3月シリーズのメンバーに招集された。前所属のアイントラハト・フランクフルトでは出場機会に恵まれず、今季からSTVVで欧州でのやり直しを誓った鎌田は、ゴールへの意欲を露にしながら、ここまで12ゴールを積み重ねてきた。Daichi Kamadaの名前は、ベルギーリーグ得点ランキング5位のところに載っている。MFとしては最上位だ。


 ともすれば順風満帆に見えるベルギーでの鎌田だが、昨年末と今年、調子を崩した時期があった。


 ヨーロッパでフルシーズン、試合に出続けるのは、鎌田にとって初めての経験。こうした調子の浮き沈みは、あって当然だろう。むしろ、逆境は自身のプレーを広げるチャンスとも言える。2週間前のクラブ・ブルージュ戦後、鎌田が明かしたのは、「味方からのラストパスをいかに引き出すか、いろいろ工夫している」ということだった。


「後半、(ヨアン・)ボリからパスをもらってシュートを撃ったシーンですが、いままでだと斜めに走っていたところを、今日は膨らむようにして走ったらボールが出てきました」


 成長というのは、こうした工夫と成功・失敗の繰り返しから生まれるのだろう。


  前節のムスクロン戦で、鎌田は15分に5試合ぶりのゴールを決めると調子を上げていき、相手ディフェンス背後へのフリーランから決定機をいくつか作っていた。なかでも68分、味方のロングキックから相手ゴール前に抜け出し、ロビングシュートとヘディングシュートを連続して放ったシーンは、今季の鎌田の良さが存分に出ていた。厳しい見方をすれば、“今季の鎌田は1試合複数ゴールがまだない”のだが、動きの質、コンディションの面では、本来の調子に戻ってきた。 3月17日、7位のSTVVはレギュラーシーズンの最終戦を戦う。相手は6位のヘントだ。両者の勝点はともに47で並んでいる。STVVが2009-10シーズン以来のプレーオフ1に進出するためには、この試合でヘントに勝たなければならない。


 プレーオフ1は、ヘンク、クラブ・ブルージュ、スタンダール・リエージュ、アントワープ、アンデルレヒトといった強豪と10試合を戦う、インテンシティーの高い過酷なミニリーグだ。常々、「ベルギーリーグで活躍して、ビッグリーグに行きたい」と語り続けている鎌田にとっては、大きな注目を集めるプレーオフ1で結果を残すことが、ステップアップへの近道となる。


 地元紙『ヘット・べラング・ファン・リンブルフ』は3月15日、鎌田のロングインタビューを掲載した。


「日本代表入りするのは常に僕の夢だった。選ばれて本当に嬉しい。正直言って、あまり期待してなかった。というのも、攻撃的な選手が日本代表に入るには、もっと大きなクラブでプレーしてないとダメだと思っていたんです。プレーオフ1の切符とともに、日本代表に行きたい」


 所属クラブでは、プレーオフ1を賭けたヘントとの直接対決。代表チームでは、初招集組としてのサバイバルレース――。鎌田にとって、今後を占う重要な日々が続く。


文●中田 徹

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事