「まだまだ差があるなと…」酒井宏樹がパリSGとの“フランス版クラシコ”を戦って漏らした本音とは?【現地発】

「まだまだ差があるなと…」酒井宏樹がパリSGとの“フランス版クラシコ”を戦って漏らした本音とは?【現地発】

2019.3.19 ・ 日本代表

シェアする

「ミッション・アンポッシーブル(インポッシブルなミッション)だね」


 現地時間3月17日に行なわれた、リーグ・アン第29節。パリ・サンジェルマンとのル・クラシック(フランス版クラシコ)に敗れたマルセイユのリュディ・ガルシア監督が記者会見場で、宿敵に勝つ術について自嘲気味に話していた頃、ミックスゾーンに詰めかけていたフランス人記者たちも、困難な"ミッション"に取り組んでいた 。


 なにしろ選手が止まってくれないのである。1-3で完敗を喫したマルセイユの面々は、記者の問いかけに見向きもしないのだ。腹痛を訴えながらも先発をしたマリオ・バロテッリは真っ先に目の前を通過し、ベンチスタートだったケビン・ストロートマンやディミトリ・パイエも足早に去っていった。


 だが、ミックスゾーンの片隅の一角に集められた日本の報道陣の前には、この日、左サイドバックで先発出場したマルセイユの酒井宏樹が、いつも通りきっちり止まってくれた。


 敗戦の悔しさからか、表情はやや硬く、意図的かはわからないが、普段より少し記者たちとの距離を取りつつも、日本代表DFは丁寧に答えてくれた。


 筆者はまず「プレに感謝ですね」と問いかけた。というのも、後半アディショナルタイム2分に酒井は相手エースのキリアン・エムバペを倒し、PKを献上。このPKを正守護神ステーブ・マンダンダの退場によって途中出場していたフランス人GKヨアン・プレが、セーブしてくれていたからだ。

  酒井はこのシーンをこう振り返った。


「はい、本当に。でも、審判にはビデオをちゃんと観てもらいたかったです。もちろん審判の判断はリスペクトしますけど、あれは僕のファウルじゃなく、エムバペがわざと……」


 実際、酒井はこの時、必死にビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)で再審するように要求したのだが、主審はそれに耳を傾けようとしなかった。試合終了間際で試合の趨勢は決まっていたとはいえ、たしかに故意に倒れたようにも見えるエムバペのプレーに、普段はクレバーなサムライ戦士も黙ってはいなかった。


 もっとも、試合を通して酒井自身が抱いていた感触は、決して悪くはなかったようだ。 前半アディショナルタイム1分にエムバペが先制弾を決めた時も、シュートをブロックしにいった酒井だけはあの怪童に追いついていた。


「スライディングは間に合っていたけど、ボールはたぶん足の下を通過してしまいましたね。今日はもうちょっとでボールに触れられる場面が多かった。ビルドアップも、1対1も、全然苦にならなかったのに球際で向こう(パリSG)に渡るシーンが多くて、不運だったと思います。運がよければこっちに回ってくるし、運が悪ければ向こうにいく。そういうスポーツなので」


 曰く、66分の2失点目が、その典型だったという。


 自陣のエリア手前でボールの奪い合いになったところに、酒井がすかさず飛び込んでいったが、ほんの一瞬の隙を突かれてボールを背後に通され、フリーとなっていたアンヘル・ディ・マリアに決められたのだ。

  この場面について問われた酒井は、「2失点目は……」と一呼吸置いてから何かを覚悟したかのように言葉を紡いだ。


「アクシデントですね。あそこまで悔しい失点はないです。僕らが全てオーガナイズしていたうえでの失点でした。もちろん相手が巧いというのはあるし、あのシュートを枠内に決めるというのはワールドクラスです。でも、整っていたのに僕らが置いていかれた。崩されたというより、抜かれたという感じだったので悔しいです」


 酒井はこの後も「悔しい」を何度も繰り返した。それは、パリSGを倒すのは決して“インポッシブル”ではないと感じながらも、最後の個の局面で勝てなかったからだろう。実際、対峙したパリSGのアタッカー陣に、こんな賛辞を送っている。


「彼らのクオリティーの高さというのは、やっぱりあります。試合を決めるしたたかさという点で、まだまだ差があるな、と。ディ・マリアはいつもしたたかだし、ほかにも勝利を掴む術を知っている選手が多い。どんな状況でも勝つ要素というものを知っていて、そのための判断ができて、しかもそれをチーム全体で共有できていると思います」


 2月8日のディジョン戦(24節 、2-1)からリーグ・アンでは5戦無敗と好調だったマルセイユだけに、今回の敗戦を引きずらずに次戦に臨めるかが鍵になる。「パリだからどうこうではなく、1試合は1試合。いつもどおり、また次の試合がある。特別なことでもないんで」と、酒井の心はすでに次なる戦いに向けられていた。


 昨年2月25日の「ル・クラシック」では、チームが0-3と文字通りの完敗を喫するなか、59分にベンチに下げられてしまっていた酒井。だが、約1年後に迎えたこの夜は、エムバペとディ・マリアという世界屈指の技巧とスピードを持つコンビを相手に、堂々と渡り合って成長した姿を見せた。その点は誇っていいはずだ。


 いまや、マルセイユでは「居て当たり前」の選手になっている酒井。この経験を糧に、勝利を手繰り寄せるための術を身に付けていくことだろう。


取材・文●結城麻里 Text by Marie YUUKI

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事