コロンビア代表、ハメスは時差ボケで取材キャンセル… 母国メディアは新・指揮官の手腕に注目

コロンビア代表、ハメスは時差ボケで取材キャンセル… 母国メディアは新・指揮官の手腕に注目

2019.3.19 ・ 日本代表

シェアする

 3月22日に日本代表と対戦するコロンビア代表が来日し、19日、横浜のニッパツ三沢競技場で新ユニホームお披露目の記者会見を実施した。


 ユニホームは、コロンビアで歴史的な刺繍織物にインスパイアされたデザイン。トレードカラーのイエローをベースに、刺繍のようなグラフフィックを大胆にあしらった斬新なユニホームだ。パンツはブルー、ソックスはレッドと、伝統を踏襲したセットアップとなっている。


 記者会見では、ハメス・ロドリゲス(バイエルン)、ラダメル・ファルカオ(モナコ)ら12名の選手が、日本、そしてコロンビア・メディアの間を縫って会場に登場。舞台の上に居並んだ後、司会の合図で一斉に上着を脱ぎ、新ユニホームを披露した。


 その後予定されていたハメスの囲み取材はキャンセル。時差ボケと体調不良を考慮しての対応だということだった。

 そのほかの選手たちは、スタジアムに移って練習を行ない、冒頭10分程度を公開。これにハメスは参加しなかった。今月就任したばかりのポルトガル人指揮官カルロス・ケイロスが見守るなか、ファルカオら10名の選手がストレッチ、鳥かごのパスゲームなどで身体を動かした。メンバー全員が揃って練習するのは明日以降になるようだ。


 練習公開時、現場でビデオを回していたスポーツチャンネル「FOX SPORTS」コロンビア版のディレクターは「この遠征はコロンビアでも注目度が高い。カルロス・ケイロスはスターたちを扱いきれるのか注目している」と教えてくれた。


 コロンビア代表はこの東アジア遠征から、カルロス・ケイロス体制がスタートする。日本代表と22日に対戦した後は、26日に韓国代表との対戦が予定されている。


取材・文/熊 介子(サッカーダイジェストWeb編集部)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事